5分でできる?! お手軽、小物でイメチェン!

Before

ビフォーは、よくあるプランターラック

春に向けて、ベランダもイメチェンしたいのは山々だけど、大掛かりになると大変そう……という方も大丈夫!クロスや小物使いでも、結構イメージが変わるんですよ。百聞は一見にしかず、まずはこちらの画像です。よくあるプランターラックに花鉢が置かれていますね。

 
ここに、ちょっとクロスを敷いて小物を添えるだけでも、ご覧のようにカントリー調の演出ができます。
After

クロス&小物でカントリー調に

このクロス、一見普通の木綿布に見えますが、実は100円ショップにあったランチョンマットです。撥水のコーティングがされているので、少しくらい水濡れしてもOKです。そのくせ、テカリ感のないところもGOODです。もちろん、手芸屋さんや生地屋さんならこういったクロスも扱っていますから、好みの柄を選ぶことができると思います。

素焼き鉢

よくある素焼き鉢も、一手間加えてイメチェン!

また、鉢そのものに手を加えてイメチェンする方法もあります。秋のイメチェンの時には、ガイド記事「鉢カバーで、お部屋を簡単イメチェン!」で、フェルトを使って温かみのある演出をしました。これを応用して、春仕様の鉢カバーを作ってもいいですね。「素焼き鉢を自分好みにリメイク!」では、鉢をペイントすることで、ガラリと印象を変えています。

 
そしてこちらも、超ラクイメチェン!
素焼き鉢

綿レースで、ハンドメイドっぽく

よくある普通の素焼き鉢に、綿レースを両面テープでグルリと一周巻いただけです。最近流行りのスクラップブックの材料として、レーステープも売られているので、こちらは両面テープを貼る手間さえいらないという超絶手抜きテクです。ただし使用状態によって、粘着面が剥がれる可能性があります。長くその状態を保ちたい場合は、グルーガンや手芸用ボンドなどで貼り付けるとよいでしょう。

このほか、
ガーランド

花のモチーフで春を演出

花のモチーフを使ったガーランドを下げて春を演出するのもいいですね。画像は、秋の鉢カバーに使って残ったフェルトから切り出したバラモチーフですが、サクラのモチーフやレースなども素敵だと思います。紐を通した小さなピンチでモチーフを留めているだけなので、四季折々のモチーフを変えるだけでイメチェンできますね。