前回のJR「元町」駅(山側)編で紹介した北側エリアは、「元町」駅徒歩圏ではありますが、「元町行ってきたわ~」というときの「元町」とは少しズレます。「元町いこか~」といわれてイメージするのは、やはりJR「元町」駅の南側(海側)のエリアです。

神戸のランドマーク満載の元町(海側)

南京町

南京町は横浜中華街と並ぶ大中華街

阪神&JR元町

JRと阪神の「元町」駅は上下の関係。地上がJR、地下が阪神。

「元町」駅の南側は商店街があり、その南は南京町、さらにはオフィス街、そして阪神高速を越えてメリケンパーク、海へと続きます。

なかでも南京町やメリケンパークは元町、というよりも神戸を代表するランドマーク。元町の南側エリアはまさに観光地なのです。

そんな元町南側、民間分譲マンションが所々にあるものの、一戸建てやアパートは殆どなく、住宅ストックはあまり多くありません。住まい探しは北側でおこなった方が良さそうです。

次のページからは、元町南側(海側)を写真を中心に紹介してまいります。まずは、元町の高架下、略して「モトコー」から