食材と料理を無駄にしない!

All About 暮らしの得ネタランキングの読者アンケートによれば、削りにくい支出の第一位が「食費」とのこと。無理に削ろうとしなくても、食材を上手に使いまわして無駄にせず、作った料理をおいしく食べきれば、結果、食費が削られることになると思います。今回は、楽しく作れて、食費もカットできる、おすすめの節約レシピをランキング形式で紹介いたします。

第5位 マカロニサラダグラタン

マカロニサラダグラタン

見て食べて納得がいくリメイクおかず

余った料理を翌日そのまま出しては、賢い節約主婦とは言えません。上手にリメイクして、見た目も味も違う料理に仕上げましょう。

このマカロニサラダグラタンは、もしかしたら昨日のサラダかもしれないという雰囲気は漂わせておりますが、味は違っています。食べて納得のいく味わいです。

→【レシピ】サラダ+お浸しで作る、なんちゃってマカロニグラタン

第4位 鯛のアラで作る、炊きこみ鯛めし

炊きこみ鯛めし

お頭付き鯛を食べた後の頭と骨で作るもよし

立派な鯛を購入する必要はありません。鯛のアラを使います。生のままではなく、一度焼いてから米と一緒に炊きこみます。そうすれば生臭さが消えて、香ばしくておいしい鯛飯になります。

家族の記念日には、外に食事に行くのを一回止めて、家で、手軽で安価で豪華な鯛飯を作りましょう。

→【レシピ】鯛の尾頭付きの残りで作る、どんがら鯛めし

第3位 もやし焼売

もやし焼売

もやし料理集はこちら

電子レンジで簡単に作れるもやし焼売が3位!具を餃子の具に変えればもやし餃子です。他の野菜が高騰しても、もやしだけは一年を通してほぼ同じ値段です。こんな優秀な食材を使わない手はありません。

ただ、もやしはとても傷みやすいので、買ったら早めに使いきってください。低カロリーなので少々食べすぎても大丈夫です。あえ物、炒め物、蒸しもの、鍋もの、薄切り肉で巻けば揚げものにも使えます。

→【レシピ】電子レンジで作る、びっくり!もやし焼売

第2位 野菜と肉の蒸し料理&スープ

野菜と肉の蒸し料理&スープ

簡単で豪華な蒸し料理

アンケートには、「特売日に食材を買いすぎて腐らせてしまった」といった失敗談が多く寄せられました。

解決策の1つとして提案するのは、週に一度は作りたい冷蔵庫一掃料理。お勧めは蒸し料理です。色々な食材が使え、簡単なのに豪華に見えます。蒸し汁も捨てないでスープを作れば完璧です。

→【レシピ】簡単で豪快な蒸し料理と蒸し汁のスープ

第1位 おからコロッケ

おからコロッケ

油の吸収が少なく、揚げた後の油汚れが少ないおからコロッケ

安価で栄養があって食物繊維がたっぷり摂れるおからは、節約料理にもってこいの食材です。中でのイチオシがおからコロッケ。パン粉の衣をつけないので、油の吸収が少なく、ヘルシーで油があまり汚れません。

おからを一袋買ったら一部で煮物を作り、あとはコロッケにしましょう。おからは冷凍保存ができます。豚の角煮の下ゆでに使えば、臭みと余分な脂肪分が抜けて、上等で柔らかな角煮が作れます。

→【レシピ】衣なしで油っこくない、おから野菜コロッケ


節約料理のコツを参考にすれば、エコで楽しい節約食生活が実現できるかも。ぜひ試してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。