節約上手になれる裏技ランキング

2013年、気持ちも新たに新年の抱負を掲げた人も多いのでは? 家計を預かる主婦としては、節約モードで縁の下の力持ちになりたいところ。今回は、なかなか削れないあの費目で節約する裏技をAll Aboutガイドが紹介します。(text:Reika Kondo、illustration:Miho Fujita)

 
最近の動向をチェック
節約を意識している主婦は約6割
震災後の節約意識は?

 

読者アンケートによると、震災を境に「節約を意識するようになった」という人が約6割。「電力不足がうたわれたときに、こまめに節電を心がけていたら自然に身についた」(30代 専業主婦)という意見もあるなか、節約意識は震災以前からあるので変わらないという声も。

では、みなさんは一体どんな節約をしているのでしょうか?
 

節水、節電はもはや常識!? 半数以上の人が実行

やりくりで最も意識するのは?

 

面倒でも、みんなが一番心がけているのはやはり「コンセントをこまめに抜く」こと。

・「節電のしすぎで風邪をひき、病院代が高くついた」(50代以上 フルタイム)
・「節水、節電を意識するあまり、水道栓全開の主人に注意をすることたびたび。ケンカが絶えない」(30代 専業主婦)

節水、節電は毎日のことなので、チリも積もれば……と考えて実行する人が大多数。しかし、3位につけた旅行・レジャー、4位のファッション・美容代の節約に関しては、次のような意見が集まりました。

・「自分がケチに思えてとてもイヤ」(40代 フルタイム)
・「洋服代をケチってたら、貧乏ったらしいオバサンに見えそうで怖くなった」(40代 その他)
・「あんまりケチケチしていると、人間が小さくなった気がする」(30代 フルタイム)
趣味や娯楽に関する出費はもともと抑えている人が少なくない中、これ以上切り詰めるのはちょっと厳しそう。節水、節電の次に出費を抑えられるのは、やはり食費なのかも。
 

削れない支出のダントツ1位は…「食費」

削れない支出は?

 

外食を減らして食費をカットするのは比較的たやすい(!?)けれど、家庭での食費を減らすのはなかなか大変。中でも、買い出しに関する失敗談が多いことに編集部もびっくり!

・「特売日に食材を買いすぎて腐らせた」(40代 専業主婦)
・「スーパーの安売りを狙って買いに行っても、つい他のものまで必要以上に買ってしまう」(40代 フルタイム)
・「あちこちお店を回って商品は安く手に入れた。が、ガソリン代を考えると……」(30代 フルタイム)

安いからとあれもこれも買い込むのはかえって出費。また、「節約!節約!」と自分や家族を規制しすぎると、次のような反動もあるようですからご注意を。

・「節約の反動で衝動買い」(30代 フルタイム)
・「節約、節約と言い過ぎて旦那さんとケンカ。旦那さんが無駄遣いし余計な出費が増えた」(30代 専業主婦)

買い物の失敗が多い一方で、特売日のチェックは節約意識も高まり、達成感が得られるという意見が4割を越えました。

今回は、家計の黒字化の鍵となる、食費カットの裏技を節約料理ガイドの大石寿子さんがご紹介。やりくり上手になれる節約のテクニックで、今年一年もうるおいのある生活を過ごしましょう!
#
食費ダウン!エコでおいしい節約料理ベスト5 >>
楽しく作れて、食費もカットできる、おすすめの節約料理をランキング形式でご紹介!食材を上手に使いまわしておいしく食べきりましょう。(節約料理ガイド:大石寿子)

■次回のアンケートはこちら⇒ 暮らしのAll About アンケート
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。