無線LANに対応していないプリンターを無線化(Wi-Fi対応)

プリンターを無線化するには?Wi-Fi非対応をワイヤレス化

パソコンをいちいち移動させてプリンタに接続しなくても印刷できるのは、非常に便利。

自宅で無線LANネットワークを組んで、ノートパソコンやスマートフォン、ゲーム機など、Wi-Fi(無線LAN)対応機器を使っている方も多いと思います。

ところで、プリンタとパソコンはどのように設置していますか? 「パソコンの横にプリンタを設置し、USBケーブルで接続。印刷するときはそのプリンタを使っている。」という方も多いのではないでしょうか。
 
無線LAN機能を内蔵したプリンタなら、パソコンと直結させなくてもプリントできますが、無線LAN機能がないプリンタをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は無線LAN機能のついていないプリンタを、Wi-Fi(無線LAN)に対応させる方法を紹介しましょう。
   

プリントサーバー機能のある無線LAN親機を使う

Wi-Fi(無線LAN)に対応していないプリンタをWi-Fi(無線LAN)で使うには、「プリントサーバー機能」に対応した無線LAN親機を使います。最近の無線LAN親機には、同機能が付いているものも多いので、一度マニュアルを調べてみましょう(機能の名称は機器によって違うことがあるのでご注意ください)。
プリンタと無線LAN親機をUSBで接続すれば、無線LANに対応させることができます

プリンタや複合機と、無線LAN親機をUSBで接続すれば、無線LANに対応させることができます


これから無線LAN親機を導入される方は、プリントサーバー機能が付いているかどうかチェックして購入するとよいでしょう。Buffaloの製品であれば、この「デバイスサーバー設定ツール 」ページの「対象製品」リストを見れば対応機種が分かります。

 

USBで接続して、ソフトをパソコンに入れるだけ

プリントサーバー機能を使って既存のプリンタをWi-Fi(無線LAN)対応にする操作は難しくありません。Wi-Fi(無線LAN)を設定したことがある方であれば簡単に設定できます。ここでは、バッファローのWZR-S1750DHPを使って設定してみます。

(注)WZR-S1750DHPは旧機種ですが、現行機種でも設定や操作は同じです。

1. Wi-Fi(無線LAN)を使って、パソコンを無線LAN親機に接続する
AOSSなどの簡単接続設定を利用しましょう。

2. パソコンにプリンタのドライバをインストールする
プリンタのマニュアルを参照してインストールします。このとき、プリンタとパソコンを有線で接続して、ちゃんと印刷できるかを試しておきましょう。

3. 親機とプリンタを接続する
USBケーブルで親機とプリンタを接続します。
親機にあるUSB端子にプリンタを接続する。一番上がUSB端子。下のケーブルは、ほかのパソコンとつながっているLANケーブル。

親機にあるUSB端子にプリンタを接続する。一番上がUSB端子。

 
親機にあるUSB端子にプリンタを接続する。一番上がUSB端子。下のケーブルは、ほかのパソコンとつながっているLANケーブル。

もう一方をプリンタのUSBポートに接続する。


4. プリントサーバー機能を設定するツールを入手する。
親機に付属しているCDにあることもありますが、ないこともあります。WZR-S1750DHPの場合は、ないのでBuffaloのサイトからダウンロードします。名称は、「デバイスサーバー設定ツール」となっています。
 
デバイスサーバー設定ツール

デバイスサーバー設定ツール


5. ツールをインストールする。
 基本的に画面に表示される手順で進めてください。
インストール初期画面

インストール初期画面

 
以下の画面が表示されたら、複数のパソコンで利用するため、「手動接続」オプションを選択してください。
オプションは手動を選択する。

オプションは手動を選択する。1台のパソコンでしか利用しない場合は、上の自動接続でもよい。


6. インストールしたソフトを起動する
インストール直後の場合は、自動的に起動されます。起動すると、親機のUSB端子に接続したプリンタの名前が表示されるので、選択し、画面下中央の[接続]ボタンを押します。
 
プリンタが表示されるので接続する。

プリンタが表示されるので「接続」ボタンを押す。


これで、プリンタの「使用できます」が「あなたが使用中です」に変化すれば準備完了です。
このような表示になればよい。

プリンタの「使用できます」が「あなたが使用中です」に変化すれば準備完了。


早速印刷してみましょう。印刷したいファイルを開き、アプリケーションの「印刷」メニューを選択します。するとプリンタ名が表示されるので、選択して[印刷]ボタンを押します。
もし、表示されない場合は「プリンタの追加」で追加してください。
 
印刷は通常と同じ方法。

印刷は通常と同じ方法だ。


コンピュータを再起動した場合は、再度「デバイスサーバー設定ツール」を起動して再接続してください。

また、Wi-Fi(無線LAN)に接続している他のパソコンにソフトをインストールすれば、同じ操作で印刷できます。つまりプリンタの共有が実現するわけです。

ちなみにプリントサーバー機能のない親機を使っている場合でも、Wi-Fi(無線LAN)接続しているパソコンにプリンタをつなぎ、プリンタを共有設定すれば、とりあえず他のWi-Fi(無線LAN)対応パソコンからも印刷できるようになります。

ただし、この場合プリンタがつながったパソコンの電源は常に入れておく必要がありますので少々面倒です。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。