冬のお洗濯を賢く終わらせるポイントのベスト3を考えてみました。基本は「干し方の工夫、洗濯物の温度を上げる」こと。一番のオススメは「冬だからこその夜洗濯」です!


速乾ポイント3位:干し方を変える

ジーンズ

厚手のジーンズなどは風がよく通るようにピンチでこのように干します。ポケットがあるものは裏返すとさらに効果的。

夏はたくさん洗って、ぎっしり並べて干した洗濯物も、冬は乾きにくくなります。速乾スタイルで干すようにしましょう。

  1. 風がよく通るように、洗濯物同士の間隔を空けて干しましょう
  2. 厚手のバスタオルは斜めに干すと早く乾きます
  3. ズボンはピンチハンガーでできるだけ開放口を大きくして干します
  4. ポケットのついた衣類は、裏返してポケット部分を外側にして干しましょう
  5. 靴下は一足ずつ、ゴム部分を上にして中に風が通るように

     

速乾ポイント2位:脱水時間は長め、軽く乾燥を

乾燥機

乾燥機能を最後まで使わず、一番短い時間を選んで運転。洗濯物の温度を上げることで、乾きやすくなります。

冬は脱水時間は長めに。乾燥機があれば、短時間運転して洗濯物の温度を上げてから干すことで、水分の蒸発が早くなります。脱水時間が長くなるとしわになりやすくなるため、乾燥機の使用はしわを伸ばす役目も果たします。

乾燥機を使用するときは、乾いたバスタオルを一枚入れて運転させると、効率よく洗濯物の水分量を下げることができて、さらに乾く時間を早めることができます。


次のページでは、速乾ポイントの1位を。冬だからこその夜洗濯のススメと、冬洗濯を助けてくれる便利グッズのご紹介です。