男らしい肩は、肩こりをも凌駕する

上半身

男女問わず、筋肉にメリハリがあり、綺麗にシェイプされた上半身は美しい。スーツを着るとその差は歴然

肩のトレーニングは、ガイドも好きな種目です。なぜかというと、肩は理想の体型を目指す上で、非常に重要な部位だからです。肩幅というのは、人の体の横幅の頂点です。そのため、そこを鍛えることで体を大きく見せることができ、強くてタフな印象を与えることができます。また、それは上半身だけでなく、体全体の印象にも関わってきます。実際、肩を鍛えると、驚くほど体全体のメリハリが出てきます。

それが特に顕著に現れるのが、スーツを着た時。スーツは「胸と肩で着る」と言われています。肩の筋肉を鍛えると、自分でもびっくりするくらい、スーツをビシッと着こなせるようになるはずです。と、ここまでは、肩のトレーニング~基礎編~でもお話しした通りです。見た目に大きなメリットがあるということは、ご理解いただけたことと思います。しかし、肩のトレーニングのメリットは、それだけではありません。実は、比較的多くの皆さんが悩まされているであろう、肩こりにも効果があるのです。

肩こりの主な原因は、肩周辺の血行不良です。もちろん、無理な姿勢をとることや眼精疲労などによっても引き起こされるのですが、肩に筋肉をつければ、その筋肉自体が正常な血液の循環を促し、肩こりしにくい体になることができるはずです(実際、私はここ10年ほど、肩こりとはまったく無縁の生活を送っています)。昨今はPCでの作業が増え、長時間同じ姿勢をとり続けることが多くなっているため、今まではなんともなかったのに、肩こりの症状が出るようになってきた…という人も少なくないと思います。そんな人にはぜひ、肩のトレーニングをおすすめします。トレーニングすることで肩がビルドアップされ、見た目のバランスが良くなるだけでなく、肩こりも解消されて、一石二鳥。男らしい肩は、肩こりをも凌駕するのです。


今回は少し負荷を高めるために、チューブやダンベルなどのツールを使ったトレーニングをご紹介しています。もちろん、ツールなしでも効果はありますが、使いながら行ったほうが、気持ち良くトレーニングをこなしていけると思います。ぜひ次ページの種目からトライしてみてください。