便利な生活で本当に「豊か」になれるの? 

benri1

生活は便利になったが心はどう変わったのか?

スイッチひとつですぐに部屋が涼しくなり、24時間好きなときに温かいお風呂に入れる生活。パソコンを開けば瞬時に情報検索ができ、1回のメールで無数の人とつながれる生活……。昔の人にとっては夢でしかなかったような「便利な生活」を、今では誰もが当たり前に送っています。

しかし、豊かさを享受している私たち自身は、本当に毎日「豊かな気持ち」で生活できているでしょうか? 実際には、次の例のように困ってしまうケースも増えているのではないかと思います。

■ 24時間電気が使えて便利になったが……
→つい夜更かしが続き、体調を崩してしまう。体を動かす機会が減って、運動不足になってしまった

● 携帯電話でいつでも連絡をとれるが……
→夜中でも休日でも会社や苦手な人から電話がかかってきて、逃げられない

● 駅の自動改札がスムーズになったが……
→前の人がちょっとモタモタするだけでも、イライラしてしまう

● 電化製品が増えて便利になったが……
→ちょっとした不具合でも、うんざり。高機能な製品が発売されるたびに目移りして、持っている物に嫌気が差してしまう

● メールで会話ができて便利になったが……
→すぐに返信がないと不安になる、相手の気持ちが分からず気を揉んでしまう。

「便利」を手に入れた代わりに、失ったもの

benri2

便利が当たり前になるとありがたみを感じなくなる

かつて、便利な生活は「夢」でした。しかし、夢はかなってしまえば途端に忘れ、さらなる夢が掻き立てられます。すると、現状に少し不都合が生じたり、もっといいものを見聞きするだけで、苛立ったり、気持ちが落ち着かなくなってしまうものです。

また、手にした便利さが新たな問題をつくることもあります。

たとえば、1日中電気を使える便利さが睡眠リズムを壊し、心身を蝕むリスクもあります。通信機器が普及すればどこにいてもタスクや情報検索に追われ、人間らしいコミュニケーションに時間を割く余裕もなくなります。さらには、常に進化する便利ツールの買うために、いつまでも働き続けねばならない窮屈さもついてきます。

幸せのパラドックス」という言葉があるように、幸せは手にしたそばから価値を見失い、欲望は無限に広がってしまうもの。便利さも一度手に入れれば「デフォルト」になり、不便さが許せなくなります。さらに、幸せが生む新たな不幸(健康阻害や金銭問題、環境問題、人間性の崩壊など)にも対峙しなければならなくなります。

「不便」がもたらす思いがけない贈り物とは? 

benri3

不便な生活を体験すれば何かか変わる

では、便利な生活を手にした私たちが、「豊かな気持ち」を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか? それには一度、当たり前な便利さから離れ、不便に戻ってみる必要があると思います。

お腹がすいてもコンビニが見当たらない、連絡をとりたくても携帯電話が通じない、疲れてもバスやタクシーも通っていない、最近こんな不便な生活を体験していますか?

たとえば山小屋で一夜を明かすだけでも、不便の体験は可能です。蛇口をひねればふんだんに使える水も、山では限られた資源です。雑魚寝の大部屋でも、「屋根の下で温かいご飯を食べられること」に感謝せずにはいられません。

不便な環境だからこそ得られる雄大な景色や新鮮な空気、水、音色に触れれば、「豊かな気持ち」は自然に湧き起こるはず。日ごろの便利な生活を客観的に眺め、そのありがたさに気付く機会にもなると思います。

山に登った人が街に帰ると、分単位の遅れ、ささいなトラブルにもイライラしていたかつての自分に気付くといいます。不便な生活を経験したからこそ得られる豊かな気持ち、便利への感謝。ほんのひとときだけでも便利を手放し、不便だからこそ実感できる「豊かな気持ち」を、もう一度味わってみませんか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項