うつの人を「飲みに誘う」のは厳禁! 

alcohol3

うつ気味な人をお酒に誘ってはいけない

友人や同僚がが憂うつにしていると、「飲みにでも行こうよ!」とつい誘いがちですが、憂うつを晴らすために飲酒に頼る習慣がつくと、アルコール依存症になるリスクが高まり、さらに抑うつ気分を増強してしまうこともあります。

また、誘った相手が精神科の薬を使用中の場合もあるので、飲みに誘う前にはその点を確認しておいた方が無難でしょう。一般的に精神科の薬とアルコールを併用すると、薬の効き目が強く出てしまうことが多く、服薬中の飲酒は禁忌なのです。

さらに、うつ病は一般的に朝の調子が悪く、夕方から夜にかけて少し楽になるという「日内変動」が特徴です。朝つらそうでも、夕方頃に調子が出てくるように見えるため、景気づけに飲みに誘ってみよう、と思うのかもしれません。しかし、その誘いによってうつ病を悪化させ、アルコールへの依存リスクを高めてしまう可能性もあるため、安易な酒の誘いは控えた方がいいでしょう。


「寝酒」は睡眠の質を悪くする 

alcohol_4

飲みすぎは睡眠リズムを乱す

「眠れない」という理由で、寝る前にお酒を飲んでいる人も多いと思いますが、この「寝酒」の習慣からアルコール依存症に向かっていく人もたくさんいます。

お酒を飲み続けると、脳にアルコールに対する耐性ができ、1杯で眠れていたのが2杯にでなければ眠れない、3杯、4杯でないと眠れない……というように、知らぬ間に酒量が増えてしまうのです。

また、「お酒を飲むとぐっすり眠れる」と考える人が多いのですが、実は逆に飲みすぎることで睡眠の質を悪化させやすいのです。

たしかに寝つきは良くなるのですが、夜半や明け方に中途覚醒が起こりやすく、健康的な睡眠リズムを壊してしまいます。そのため、起床時に疲れを残してしまい逆効果なのです。

お酒は適量を守ってこそ、長く楽しめる飲み物です。自分自身で適量をコントロールするためにも、リスクについてもぜひ頭に入れておいていただければと思います。

参考文献/e-ヘルスネット(厚生労働省)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項