受診はあせらずに、ゆとりを持って 

hospital3

猶予があれば、気持ちも変わる

治療が必要な段階なのに、受診の機会を先延ばしにしていると、症状は悪化してしまいます。そのため、心配な症状が増えてきたら、周りの人が早めに受診するように上手に勧める必要があります。

いきなり「あなたは病気なんだから、早く病院へ行かなくちゃ」と言っても、その気にならないばかりか、逆に反発してしまうのではないでしょうか。そこで、段階的に自分の状況に直面化させる、という方法が有効です。つまり、「すぐに病院へ」と無理に誘うのではなく、少し猶予を置いて本人に受診への自己決定をさせることです。

受診に抵抗したときには、その意志をまず尊重しましょう。そして、たとえば「まず1ヶ月間様子を見てみようか。それでも状態が変わらなかったり、悪くなっていくように感じたら、そのときには改めて受診を考えてみない?」というように提案してみてはどうでしょう。また同時に、「症状に合う薬を飲めば、きっと今より状態はよくなる」「早く治療すれば、早く回復する」というように、受診によって今より楽になることを啓発しておくことも大切です。

本人はとてもつらいわけですから、症状が長引けば、受診に前向きになっていくはずです。大切なのは、本人に受診への意欲を持たせること。そのためには、あせらずに段階的に受診を考えるためのゆとりを用意することが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項