「食べてないのに痩せない」ではなく「食べないから太る」

食べてないのに痩せない理由って?

食べないことが逆に太るってどういうこと?

「1日1200kcal以下に抑えているのに痩せない」
「炭水化物はほとんど食べず、野菜ばかり食べているのに逆に体重増」
「食べる量が少なく常にお腹がすいているのに、体重には変化なし」
――このように「食べていないのに痩せない!」状態に悩んでいる方に、その理由と対策を紹介します。
     

食べてないのに痩せない理由とは? 原因はどこにあるのか

現代人は、「食べないから痩せる」のではなく、「食べないから太る」という人が多いんです!

ダイエット中にありがちな「食事量を極端に減らす」「カロリーを制限する」「太りそうな食材はカットする」等といった方法。
実は、これらが痩せにくい体を作っている理由だと言ったら驚きますか?
 
その理由は、ダイエットによる栄養失調を体が察知し、カロリーをなるべく消費しないようにと生命の防衛本能が働いてしまうから。

人間は生きているだけで基礎代謝のカロリーを消費するので、基礎代謝以下の食事に制限すれば、食べない分、体重が減るのは当然です。

それを利用してダイエットにおけるカロリー制限・食事制限をしようとすると、
食べた分の摂取カロリー<基礎代謝+運動などの消費カロリー
にすればいい、と早合点してしまいがちです。

そこが大きな落とし穴です。
 

間違った食事制限ダイエットの痩せ理論

必要な栄養やカロリーを摂取せずにいれば、胃腸の働きは鈍り、体は飢餓状態だと錯覚します。この先もずっと食事抜きの飢餓状態を続ければ、理論上はそのままやせ細っていくのですが、当然、それでは生きていけません。

結果、あなたの体は飢餓状態でも生きられるように、カロリーを消費しない、脂肪を燃やさないカラダになっていき、ダイエット効率の悪い体に陥ってしまうというわけです。

また、基礎代謝の多くを占めるのは内臓の動きによるもの。食べた物を消化、吸収、代謝するときに、体の中ではたくさんのエネルギーが使われるので、大量のカロリーを消費するのです。ですから、適切な食事をしっかり食べて胃腸を活発に動かせば、それだけでカロリーが消費できるということ。

とは言え、好きなものをやみくもに食べてOKというわけではありません!
 

正しいダイエット方法1. ゼロカロリーやローカロリーばかりは×

毎日サラダだけのダイエット生活をしていませんか

毎日サラダだけのダイエット生活をしていませんか

極力カロリーを摂りたくないから、こんにゃくや寒天でお腹を満たす。サラダにかけるのはノンオイルドレッシングで、飲み物は水かゼロカロリー&ローカロリーの清涼飲料水。肉・油・炭水化物を極力食べずに、サラダばかりを食べる食生活……。

このような食生活だと必要な栄養が不足し、消化・吸収・代謝機能が低下してしまいます。また、ゼロカロリー&ローカロリーは熱量がない食材なので、体が熱を生み出せずに冷えを招いてしまいます。冷えると体は脂肪を蓄えようとするので、ますます脂肪を燃やすことは困難に!

さらに、「食べる量を減らしているのに痩せない!」とどんどん摂取カロリーを減らす食生活を続けてしまうと、少し食べても太ってしまう体質になってしまうので注意しましょう。

ゼロカロリー、ローカロリーをダイエットに活用するのがダメなのではなく、そればかりを食べるのが問題。必要最低限に留めた方がベターです。
 

正しいダイエット方法2. 良質の油は適度に積極的に摂ろう

良質の油はダイエットの味方に!

良質の油はダイエットの味方に!

ダイエットには大敵と思われがちで、できるだけカットしようとする人も多い油。ですが、油も良質の物を選べば、ダイエットの強い味方になってくれるので、しっかり摂取することが大事です。

良質の油とは、天然の植物性オイル(オリーブオイル、しそ油、えごま油、亜麻仁油、ごま油)等、原料を生搾りしたもの。良質な油は、女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整えてくれるので、ダイエットにありがちなイライラや暴飲暴食を防ぎ、ストレスのないダイエットを行うことができます。

油は加熱すると酸化してしまうので、ベストな摂取方法は生で食べること。一日小さじ2~3杯程度の油を、サラダ、煮物、味噌汁、スープ、和え物に加えて食べましょう。その他、アボカドやナッツ類にも良質の油が含まれているので積極的に!
 

正しいダイエット方法3. お肉を食べて痩せよう!

赤身の肉で燃える体に!

赤身の肉で燃える体に!

肉=太る!という考えも×。特に赤身の肉には代謝を上げて脂肪を燃焼する働きのある成分L-カルニチンが含まれています。L-カルニチンは牛・羊>豚>鶏の順に含まれているので、ダイエット中は、牛ヒレといった赤身の強い肉を選ぶのがポイント。

また、肉には筋肉の元となるタンパク質が含まれているのも◎。筋肉量が増えれば代謝も上がり、太りにくい体へと導いてくれます。さらに、甘い物を食べたい欲求を抑える働きのあるチロシンも肉に含まれています。ダイエット中にやたらと甘い物が食べたくなる人は、肉不足になっていないか食生活を見直してみると良いですよ。

さらに、肉を食べる際は香味野菜(ニラ・ニンニク・ショウガ等)と一緒に食べると、より代謝アップに役立ちます。
 

正しいダイエット方法4. 「お米は太る」は間違い!

お米は太りにくい食材です

お米は太りにくい食材です

特に若い女性達の間では「お米は太るから、パンを食べる!」と思っている人が多いようですが、実はお米のほうが太りにくい食材です。

昔から日本人が食べてきたお米は、私たちの体質にとても合っていて消化吸収も良く、普通に食べていれば太る心配はありません。逆に、パン・パスタ・うどん等の小麦製品は体内で分解しづらく、分解できなかった成分は腸壁に溜まってしまうといわれています。そうなると、腸内の活動が低下し代謝がダウン、結果、痩せないという状態に陥ります。

お米の中でも、玄米や雑穀米は白米に比べ、ミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富なのでオススメ。慣れない内は、白米に玄米や雑穀米を混ぜてみると良いでしょう。
 

正しいダイエット方法5. 「痩せなきゃ」というストレスはNG

ストレスはダイエット効率を悪くする!

ストレスはダイエット効率を悪くする!

「甘いもの×」「揚げ物NG」「炭水化物はカット」……といった我慢&辛いダイエットを続けることは難しく、必ず失敗すると言ってもいいでしょう。さらに「太るのが怖くて、食べることまでが怖い!」とまで思ってしまう例もみられますが、このようなストレスはダイエットの大敵です。

体や心にストレスを感じると、脳は飢餓状態であると勘違いし、いざという時のために脂肪を蓄えようと働いてしまいます。また、ストレスは自律神経のバランスを崩す原因にもなり、これがさらに、痩せにくい体を作ってしまいます。

「続けられるダイエットを気長に実践」「体重に一喜一憂しない」「栄養のある食材を美味しいと思って食べる」「汗をかく習慣をつける」「朝型生活にシフトする」「良い睡眠をとる」といった、人間として当たり前の食事&生活習慣を見直したり、ストレスフリーの環境を作ること、が自律神経を調整すると同時に、痩せやすい体作りに効果的です。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。