mixi、Facebookでのママ友探し

mixiでは子育て関係のコミュニティが充実しています。子どもの生まれ年、生まれ月、性別、あるいは双子、年子、子育てしている地域など、さまざまなコミュニティがありますので、検索して、自分の目的にあうコミュニティを見つけましょう。

Facebookは実名登録するのが一般的。ただ、本名だから話したくない…ということもあるはずで、ママ友探しよりは情報集めのほうが使えそうです。
 

「ネットママ友」の注意点

ママ友

ネットで知り合ったママ友とオフ会。ネットだからこそ気をつけたい点も

「ネットママ友」は匿名で、自分の興味が一致した人ばかりが集まります。そのため、オフ会をやっても初対面とは思えず、話が通じて楽しい、というのが利用している人の意見。しかし、反対にネットだからこそ気をつけたいこともあります。

まずは個人情報をどこまで伝えるか。オンラインでのやり取りに慣れている人ならそのさじ加減がつかめるのでしょうが、初心者の場合は、どこまでオープンにしていいのかわからないはず。最初から疑ってかかる必要はありませんが、すべてオープンにする必要はありません。

また、掲示板では感情的になってしまい、「炎上」することも。メールと一緒で、読んですぐに書き込むと冷静さを失うことがあります。じっくり読んで、考えてから書き込みましょう。特に、そんな気持ちがなかったとしても相手のお子さんの悪口になってしまうような書き込みは禁物です。

「オンラインママ友」の中でも、本当のママ友のように親しくなれる人が出てくるはずです。それでも、遠い地域に住んでいたら、実際になかなか助けたり助けられたりという関係にはなりにくいもの。そういう意味から、すべてを「オンラインママ友」に頼るのではやっぱり心配です。「リアルママ友」にはなかなか語れない、匿名だから語れることを「オンラインママ友」と語り合うなど、「使い分け」も必要かもしれません。


>> ママ友の作り方、トラブル対処法など、ママ友付き合いについてはこちら





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。