助けることで傷つく場面もたくさんある 

ストレス

「助ける立場」の人は自分のストレスに気付きにくい


被害や困難に遭遇している人を支援する人が、覚えておきたいことがあります。それは、困っている相手だけでなく自分自身の心もいたわり、ケアをすることです。被害や困難に遭遇している人は、想像を絶するほどのストレスを抱えています。そのため、支援者に対してストレスをぶつけたり、拒絶的な態度を向けたりすることもあるかもしれません。

これらは、極度のストレス状況下における自然な心理的反応なのですが、とはいえ、支援者も「人の子」です。そうした態度を受けると、傷つき、むなしく感じてしまうこともあるでしょう。だからこそ、自分自身のストレスをケアしていくことが大切なのです。
 

災害支援者に多い3種類のストレス 

support_4

災害支援者は強いストレス環境で活動している

日本赤十字社がまとめた災害援助者用の手引き『災害時の心のケア』によると、被災地の支援者が受けるストレスには主に3つあるとされています。

1. 危機的ストレス
現場で経験する死や事故への恐怖、死体や惨状を目の当たりにするショック、治療の優先順位の決定などの責任の重い決断、危険な環境での活動、任務の失敗、など危機的状況が招くストレス

2. 累積的ストレス
危険な環境での困難な救護活動、任務のプレッシャー、被災者からの否定的な反応、倫理的なジレンマ、などが蓄積していくストレス

3. 基礎的ストレス
過酷な環境で眠れない・休めない状態、チーム内の人間関係の問題、納得できない指揮命令、など活動に伴って生じるストレス

さらに、この手引きでは、支援者に生じやすい危機的な心理として、「私しかできない」と思いこみ、責任を任せられなくなること、 能力や適応力を使い果たした末に疲れ果てること、被災者が自立に向かうと同時に必要とされなくなるむなしさ、日常復帰後の喪失感や虚脱感、などを挙げています。

支援中はストレスが溜まっていても、過酷な状況や現場の緊張感で心身が興奮し、限界を超えても頑張ってしまうことがあります。だからこそ、ストレスをケアしながら臨んでいかないと、自分自身の健康が危うくなってしまいます。
 

「助ける立場」の人のストレスケア、3つのポイント 

ケア

 自分のケアができてこそ誰かの役に立てる


支援者が自分自身のストレスケアを考えるうえで、重要なポイントを3つ挙げたいと思います。

1. 一人で抱えず、周囲の人や制度を上手に活用する
責任感の強い人ほど、「自分が頑張るしかない」と考えるものです。しかし、睡眠や休息を後回しにして頑張りすぎてしまうと、疲労は着実に蓄積され、ついには心身の病につながってしまいます。

一人で負担を抱えないよう、長時間の支援で心身の健康を壊さないように、周りの人との仕事の分担、時間の配分を考える必要があります。周りの人、社会的制度などを上手に活用しながら、大きな枠組みで支援を考える必要があります。

2. 気持ちを打ち明ける機会を持つ
支援を続けていくと、心の傷や疲労感、燃えつき感が募りやすくなります。その気持ちを打ち明け、受け止めてもらうことで、心を楽にすることができます。

支援は「持ちつ持たれつ」の円環構造になっており、自分自身も支援を受けることで、他者を支援することができます。家族、友だちなどの身近な人に聞いてもらう、同じ立場の人とのわかちあい、指導者や専門家に聞いてもらう、といったことによって、モヤモヤした気持ちを解放することができます。

3. 休養やプライベートを大切にする
支援者は、「自分は恵まれている。だから、休んだりしてはいけない」などと思ってしまうことがあります。しかし、支援を続けるには、心身のエネルギーの充填が必要です。そのためには、睡眠、休養、気分転換の時間を持つことが必須なのです。

そして、支援とプライベートとの「オンとオフ」の切り替えを持つことも、必要です。短い時間でも、休むときには任務を忘れて気分を転換させましょう。また、支援とは直接的な関わりがない人と交流することも、よい気分転換になるでしょう。


支援は「長距離走」です。スタートダッシュで頑張りすぎてしまうと、途中で息切れしてしまいます。自分自身のストレスケアをしながら、長期的な視野を持って取り組んでいきましょう。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項