しつこい肩こりには、まず日常の「姿勢」を見直す!

姿勢が肩凝りの原因の事も

姿勢が肩凝りの原因の事も

ライフスタイルの変化から、肩周辺の筋肉を動かす機会の減少に伴い、「肩コリ」に悩まされる人が増えています。

たかが、「肩コリ」とほうっておくと、背中の血流量だけでなく、脳への血流量も滞り大きな疾病へもつながる可能性も。

そもそも、「肩コリ」は、突然なるわけではなく、日常の「悪い姿勢」によって引き起こされるので、改善するには本人の意識が重要なポイントとなってきます。

まずは、下記の姿勢チェックをしてみましょう

【肩こりを誘発する姿勢チェック8項目】

1、猫背である
2、左右の肩の高さが異なる
3、デスクワークが多い
4、ブラジャーのストラップが片方だけ落ちやすい
5、運動不足である
6、肩だけでなく首もこっている
7、身体はかたい方である
8、冷え症である

上記のチェックいくつあてはまりましたか?

姿勢チェックの結果は?

アナタは姿勢美人度何パーセント?

アナタは姿勢美人度何パーセント?

上記のチェックポイントいくつあてはまりましたか?姿勢美人度が高いほど、肩コリとは無縁の良い姿勢といえます。

【0個 姿勢美人度100%
肩コリとは無縁の姿勢美人です。このまま美姿勢で日常を送って下さい。

【1~3個当てはまる 姿勢美人度70%】
現在、肩こりの症状がなくても肩コリ予備軍といえます。
ストレッチで肩周辺の血行をアップさせる習慣を!

【4~7個当てはまる 姿勢美人度30%】
あなたの姿勢は肩に負担をかける姿勢といえます。
肩こりが習慣化する前に日頃から、意識的に「美姿勢」を意識して肩に負担をかけない姿勢を心がけて!

【全部当てはまった 悪い姿勢で肩コリが日常化】
悪い姿勢のため、肩コリが日常化していませんか?湿布を貼ったり飲み薬を飲んでも、日常の「姿勢」が悪ければ効果が出るまでに時間がかかります。
肩こりがひどく、頭痛や吐き気がする場合は専門医に受診しましょう。まずは、日常の悪い姿勢を正して!

次のページでは姿勢のポイントと改善ストレッチをご紹介します。