前ページグラフによるとワースト5は以下の通りになります。

《小学生の被害発生場所ワースト5≫

 第1位~駐車(輪)場
 第2位~共同住宅
 第3位~道路上
 第4位~都市公園
 第5位~その他

≪中学生の被害発生場所ワースト5≫

 第1位~駐車(輪)場
 第2位~道路上
 第3位~共同住宅
 第4位~その他
 第5位~一戸建住宅

新入学の小学生たち、警戒してね

新入学の小学生たち、警戒してね

いずれを見ても、「駐車(輪)場」での被害が突出しています。つまり、自転車を利用している場合は駐輪場では特に注意が必要、自転車を利用しなくても、駐輪場や駐車場で遊んだり、そこを通ったりする場合は危険なので、警戒する必要があるということになります。

次いで小学生では第2位、中学生では第3位となる「共同住宅」ですが、一般に「集合住宅」と呼ぶこともありますが、警察では「一戸建住宅」と分ける意味で「共同住宅」としているのでしょう。窃盗被害の場合などは共同住宅でも、「3階建以下「4階建以上」と分けられていますが、ここでは「共同住宅」というカテゴリになっており、細かい場所までは知ることができません。

しかし、マンションなどでは「非常階段」や「エレベーター」、建物によっては「ゴミ集積所」なども含まれるでしょう。そのため、共同住宅に住んでいる場合、あるいはわが子の友だちが共同住宅に住んでいる場合など、日常的に共同住宅に出入りしたり、遊びに行ったりするような場合は、「駐車(輪)場」に次いで警戒が必要となります。

小学生の第3位、中学生の第2位である「道路上」は、小中学生の行動範囲として日常的に利用する通りと考えて、「いつもの道にこそ危険はある」と注意警戒するようにしましょう。

小学生の第5位、中学生の第4位の「その他」の場所ですが、これは住んでいる地域によって、条件が違ってくるので、その地域ならではの危険個所を大人が判断してあげましょう。

わが子にとってどこが危険か、知っているといないとでは対策や防御に差が出ることになります。子どもに、漠然と「気を付けて」というよりは、このワースト5を親子や学校で確かめ合って、「こういうデータがあるから、その場所では警戒心を強めよう」と具体的に伝えれば被害をなくすことにつながるでしょう。

■小学校新一年生の安全作法

■早朝の駐輪場で女子高生が痴漢被害に!

■駐車場で強盗被害!女性ドライバーは要警戒



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で防犯グッズを見る

Amazonで防犯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。