食文化のモデルとして高く評価された伝統メキシコ料理 

メキシコ料理

トウモロコシからトルティーヤの粉をつくる「ニクスタマリゼーション」も独特の技術とし評価された

チチェンイッツァ

マヤ文明の遺跡、チチェンイッツァなど見どころも多いメキシコ

伝統的なメキシコ料理が改めて高く評価されています。というのも、2010年11月にユネスコ無形文化遺産に登録されたから。無形文化遺産とは、「人びとの慣習・描写・表現・知識及び技術並びにそれらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間」と定義されており、日本の雅楽やスペインのフラメンコなどもリスト入りしています。食文化の登録は今回が初で、メキシコ料理のほかにはフランス料理や地中海スタイルの食事なども選ばれました。

 

ケサディージャ

トルティーヤにチーズをはさんで揚げた「ケサディージャ」

評価のポイントは、農業技術や調理技術、マナーにいたるまで包括的な文化モデルになっていること。メキシコ料理は2,000年以上の歴史を誇り、マヤの先住民とスペインなどヨーロッパの食文化が混ざりあいながら育まれてきました。

基本の食材はトウモロコシ、豆、チリ(唐辛子)。マサと呼ばれるトウモロコシの粉を水で練って焼いた薄い皮、「トルティーヤ」におかずを挟んだり、サルサ(ソース)を付けて食べたりします。トルティーヤに具を挟めばおなじみ「タコス」、さらにその上にソースをかけて焼いたものが「エンチラーダ」。トウモロコシの粉を練って具を入れ、トウモロコシの葉に包んで蒸した「タマル」(タマレス)もポピュラーです。料理に欠かせないチレ(唐辛子)は70種類程度もあり、ハーブとともに、香り高いメキシコ料理を彩っています。

 

ちなみにメキシコは約30の世界遺産を持つ国でもあります。無形文化遺産である伝統料理にくわえて、古代都市などの有形文化遺産もたっぷり堪能できますよ。カンクンやアカプルコなどのビーチリゾートも人気です。

記事のトップへ戻る>>>GWにおすすめ! グルメな海外旅行ベスト5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。