アスパラガス祭りも目白押し、ドイツのシュパーゲル 

ホワイトアスパラガス

シーズン中は市場にも大量のホワイトアスパラガスが並ぶ

ホワイトアスパラガス

名物料理ウィンナーシュニッツェルにもホワイトアスパラガスを添えて

ヨーロッパの春の訪れを告げる野菜といえば、ホワイトアスパラガス(ドイツ語ではシュパーゲル)。日本でポピュラーなグリーンアスパラガスと違って、やわらかく優しい甘みが特徴です。

ドイツやオランダをはじめ、ヨーロッパの広い地域で食べられていますが、なかでもドイツの人たちの愛好ぶりは群を抜いています。

旬の4月下旬~6月ごろは、ドイツ国内どこででもホワイトアスパラガスが食べられます。レストランには、アスパラガスを使った特別メニューがお目見え。塩ゆでしたものにオランデーズソースや溶かしバターをかけたり、クリームスープにアレンジしたり、食べ方も多彩です。

 

ホワイトアスパラガスのスープ

クリーミーなホワイトアスパラガスのスープ

ドイツの二大産地はバーデン・ヴュルテンベルク州とニーダーザクセン州。このエリアには、アスパラガス街道も多くあり、シーズン中には収穫風景が見られることも。祭りやイベントもあるので、日程があえば訪ねてみるのもおすすめ。パレードや屋台のほかに、アスパラガスの皮むき競争といったユニークな催しもあります。有名なのは、アスパラガスの街といわれるシュヴェッツィゲン(2011年は5/7)やブルッフザール(2010年は5/14~16)など。ドイツには「さくらんぼが赤くなるとシュパーゲルは終わり」という言葉があり、シーズンは6月24日の聖ヨハネの日に終了します。

 

GWにおすすめ! グルメな海外旅行ベスト5」、続いて第1位です。

第1位はこちら>>>ユネスコ無形文化遺産に登録された味
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。