最先端の料理と極上のワインがそろう南半球のパリ 

ランガムホテルのビュッフェ

ランガムホテルのレストラン、Melba(メルバ)のビュッフェではメルボルンの美味を一度に楽しめる。ローカルにも大人気

メルボルン

オシャレなカフェやショップも多いメルボルンの街

南半球のオーストラリアはちょうど秋。グルメの季節です。ただ、ひとくちでオーストラリアといっても、日本の約20倍もの面積がある広大な国。州によってカラーも違いますが、グルメ旅ならオーストラリア第2の都市、メルボルンがイチオシです。

四季を持ち、おだやかな気候と豊かな自然に恵まれ、極上の素材が集まるメルボルンは知られざるグルメシティ。南半球のパリとたとえられることもあります。シンプルなオージービーフのステーキから、モダンなオーストラリアン・キュイジーヌ、さらに世界各国の名物料理までなんでもそろっています。レストランの数は3,000軒といわれますが、とくに有名なのはシャノン・ベネットシェフが率いるフレンチレストラン、「ビュー・デ・モンド」。予約がとりにくいことでも有名ですので、興味のある人は早めに問い合わせを。

 

ヤラバレー

ヤラバレーのワイナリー巡りはツアーを利用するのがおすすめ

さらにワインの郷、ヤラバレーも日帰り圏内。最近、日本でもオーストラリアワインが人気を集めていますが、オーストラリア国内で生産されるワインの約半分は南オーストラリアで作られています。ヤラバレーはメルボルンから北東へ50kmのところにあるワインカントリー。約80のワイナリーがあり、なかにはフランスのシャンパンメーカー、モエ・エ・シャンドンによる「ドメイン・シャンドン」もあります。各ワイナリーはそれなりに距離があるのでアクセスは車が便利。思う存分テイスティングを楽しむには、ツアー参加がベストです。

GWにおすすめ! グルメな海外旅行ベスト5」、続いて第2位です。

第2位はこちら>>>ヨーロッパの春の風物詩
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。