東北地方太平洋沖地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

今回被害の少なかった地域でも、まだ緊張感や不安が続いています。家族や親戚、知人などが被災された方もいらっしゃるでしょう。いたわりの言葉が救いになることもある一方で、ストレスの強い状況下では、伝え方がうまくできないために傷つけ合ってしまうこともあります。災害時という特殊な状況での行動の仕方を、話し方・伝え方の見地からご紹介しますので参考になさってください。

子供に安心を伝える

子供に安心を

子供に安心を伝えるにはまず親が落ち着いて

余震や原発の問題などで不安なことが続いても、親が動揺していると子供も不安定になってしまいます。明るい言葉をかける他、笑顔を見せる、抱きしめるなどの非言語コミュニケーションを多く使いながら子供に安心を伝えてあげてください。抱きしめるという行為は、心のケアにもいいとされています。

被害の少ない場所にいる人も報道が気になるっても、テレビのつけっぱなしはやめましょう。視覚を使った情報伝達の影響力を考えると、子供に被災シーンを繰り返し見せるのは避けた方が賢明です。私達は言葉以外の部分でもコミュニケーションをとっています。行動や雰囲気からも多くの情報が伝わりますので、非常時の家族のルール(行動の仕方、集合場所等)を確認したら子供の前ではいつもどおりを演出するくらいの気持ちで接することをお勧めします。

阪神淡路大震災や新潟中越地震の際には、地震や停電を経験したことで、子供が急に暗いところを怖がるようになってしまった、情緒が不安定になってしまった、おむつに戻ってしまったなどの事例も報告されています。ついつい漏らしがちなネガティブな言葉も子供の前では我慢し、なるべく安心を伝えるよう心がけましょう。

安全に導く避難時の伝え方

震災を経験した人の体験談に「リーダーシップをとってくれた人のおかげで行動することができた」という声がありました。

緊急時の指示のコツは、

  1. 落ち着いて
  2. ハッキリと
  3. 簡潔な指示を出す

です。パニックに陥った人も、小さな子供も、しっかりした指示を聞くことで行動がしやすくなります。

挨拶から始める近所の人とのコミュニケーション

近所の人と助け合い

震災の時は近所の人との助け合いがカギになる

震災に遭われた方の経験談で多かったのが、「近所の人達との助けあい」。避難する時も避難した後も、地域の人達との協力が欠かせないようです。今回、被害に遭わなかった地域の方も震災に備えてぜひ近所の人とコミュニケーションをとっておくようにしましょう。

都心に住んでいる方は、隣の人との交流もないかもしれません。そんな場合は、まずは挨拶から始めましょう。「そんな小さなこと」と思われる方もいるかもしれませんし、テレや慣習もあると思いますが、挨拶には思っている以上の効果があります。単純接触の繰り返しは、人間関係を近くするのに有効な手段であり、防犯の面でも効果が確認されています。挨拶をすることに慣れてきたら、挨拶に一言をプラスして、コミュニケーションを増やしていきましょう。

挨拶プラス一言の例)
おはようございます(挨拶)+今日は冷えますね(一言)

地震後なら「大丈夫でしたか」「大変でしたね」など、これまで話したことのない人に声をかけてみるのもいいでしょう。

人は知らない人には冷淡になる傾向があります(こういう状態を心理学では「ザイアンスの法則」をいいます)。イザという時に助け合うことができる土壌づくりは食料の備蓄以上に大切なのです。