定番はTwitterの活用

緊急時のTwitterを安全・確実に利用

東日本大震災で、重要な情報伝達手段として活躍したTwitter。しかしTwitterの使い方が全くわからなかったり、緊急時に必要な情報が他の情報に紛れてしまって見つけにくいという心配もあります。そんな事態を避けるための方法もあります。

出典: 緊急時、家族間でTwitterを活用する方法 [ツイッター(Twitter)の使い方] All About

Twitterで情報を拡散する際はここに注意

TwitterのRT(リツイート)機能は情報を拡散するうえで非常に重宝します。しかし、無闇にRTをくり返すのは必ずしも正しいとは言えません。情報を拡散する際の注意点をしっかりチェックしておきましょう。

出典: Twitterで情報を拡散する際の注意点 [ツイッター(Twitter)の使い方] All About

使い慣れているLINEなら

アプリ「LINE HERE」でみんなの居場所が分かる

複数人の居場所を確認し合いたい場合、リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」が便利です。LINEアカウントがあれば誰でも無料で利用可能。友だちや家族など、参加しているメンバー同士でお互いの現在地をグループ(シェアルーム)で共有できます。

出典: 相手の居場所がマップでわかる!LINE HEREの使い方 [LINEの使い方] All About

緊急連絡網として「グループトーク」を利用

複数人でトークができるグループ機能を活用し、緊急時に連絡を取り合いたいメンバーでグループを作っておくと、いざというときの連絡網として便利。すでに、一部の学校や地域では、LINEを保護者や家庭同士の連絡網として利用しているところもあるそうです。

出典: 招待の拒否はどう見える? LINEグループ機能の使い方 [LINEの使い方] All About

Facebookを利用するならコレをチェック

Facebookメッセージで連絡するのも手

プライベートなやり取りが行えるFacebookのメッセージ機能も、災害時には活用できるかもしれません。電話番号を知らない相手への連絡手段として頭に入れておきましょう。

出典: プライベートなやりとりに使えるFacebookメッセージ [フェイスブック(Facebook)の使い方] All About

Googleも災害に対する取り組みを実施中

状況を逐一確認できる災害情報マップ

Googleが提供する災害情報マップでは、世界中で起きている災害の情報を確認することができます。遠方に住む親類、知人のエリアの状況を知るのに役立ちそうです。

出典: Google クライシスレスポンス

ドコモ、au、SBの災害伝言板情報も忘れずに!

いくらSNSが活用できると言っても、すべての人が利用しているとは限りません。災害時にはまず、ドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアが運用する災害伝言板を活用するのがいいでしょう。

ドコモの取り組みはこちら

ドコモでは災害時に安否確認ができる災害用伝言板、災害用音声お届けサービス、緊急速報「エリアメール」を提供しています。

出典: 災害時の安否確認と備え | NTTドコモ

auの取り組みはこちら

auの災害用伝言板サービスの災害時・緊急時対策紹介ページです。

出典: 災害用伝言板サービス│災害時・緊急時対策│au

ソフトバンクの取り組みはこちら

災害時の安否確認手段として利用できる、「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」などを紹介しています。

出典: ご利用ありがとうございます。 | ソフトバンク