豚肉と根菜、こんにゃくの味噌煮

所要時間:45分

カテゴリー:サブのおかず煮物

 

ご飯との相性最高!豚肉と根菜、こんにゃくの味噌煮

食物繊維たっぷり、しっかりとした甘味噌の味つけで、ご飯との相性は最高! そして実は、日本酒との相性もいいのです。日持ちがして、冷めるとこれまた一段とおいしいので、作り置きおかずに、お弁当のおかずに最適です。

豚肉と根菜、こんにゃくの味噌煮の材料(4人分

豚肉とこんにゃく、根菜の味噌煮
豚肉 バラ薄切り4枚
生姜 1かけ
ねぎ 1本
こんにゃく 1枚
にんじん 1本
ごぼう 1本
ごま油 小さじ1
2カップ
みりん 大さじ3
三温糖 大さじ1.5
味噌 大さじ3
豚肉と根菜のうまみが出るので、おだしは不要です。豚肉はおだし代わりなので少なめで大丈夫。ごぼうとにんじんを同じ大きさに揃えましょう。こんにゃくは味がしみやすいよう、手でちぎります。

豚肉と根菜、こんにゃくの味噌煮の作り方・手順

豚肉と根菜、こんにゃくの味噌煮

1:野菜とこんにゃくを切る

野菜とこんにゃくを切る
ごぼうとにんじんはたわしでよく洗います。ごぼうは2cm程度の長さのぶつ切りにし、水につけてアク抜きした後よく水気を切ります。にんじんはタテ4等分にし、2cmの長さに切ってごぼうと大きさを揃えます。
こんにゃくは塩(分量外)を軽く振ってもみ、水で洗い流します。食べやすい大きさに手でちぎったら、熱湯で1~2分ほどゆでて、ざるにあげてしっかり水気を切ります。
ごぼうとにんじん、こんにゃくの大きさをそろえると、味がムラなくしみ込みやすくなります。

2:ねぎと生姜、豚肉を切る

ねぎと生姜、豚肉を切る
ねぎはぶつ切りに、生姜はきれいに洗って皮ごと薄切りにします。豚肉は3cmの長さに切ります。

3:鍋でねぎと生姜、豚肉を炒める

鍋でねぎと生姜、豚肉を炒める
鍋にごま油と生姜、ねぎを入れて火にかけます。軽く炒めて香りが立ってきたら、豚肉を加え、肉の色が変わるまで炒めます。
豚肉に脂があるので、ごま油は少しで十分。先に生姜とねぎを炒めてから豚肉を入れると、くっつきにくくなります。

4:ごぼうとにんじん、こんにゃくを加えて炒める

ごぼうとにんじん、こんにゃくを加えて炒める
豚肉に火が通ったら、よく水気を切ったごぼうとこんにゃく、にんじんを加えます。全体に油がなじむよう、チリチリと水気が飛んだ音がするまで、1分ほど強火で炒めます。

5:水とみりん、三温糖を加える

水とみりん、三温糖を加える
水、みりん、三温糖を加えます。沸騰してきたらアクをすくい取り、落としブタをして弱火で10分煮ます。

6:味噌を加え、煮汁がなくなるまで煮る

味噌を加え、煮汁がなくなるまで煮る
味噌を加え、さらに10分煮ます。汁気が半分以下になったら落としブタをとり、火を強めて、炒るようにして木ベラなどで煮汁の汁気を飛ばしていきます。汁気がなくなって全体にテリが出たら出来上がりです。
汁気をしっかり飛ばすことで、味がしっかりからみます。

ガイドのワンポイントアドバイス

汁気をしっかり飛ばすと、味がよくからみ、日持ちもよくなります。清潔な容器に入れて冷蔵庫で3~4日持ちます。ただしこんにゃくは冷凍してしまうと水分が抜けておいしくなくなるので、冷凍する場合は、こんにゃくを抜いて冷凍して下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。