女性が失敗しがちな自己PRのNG例

ここでは具体的な例を参考に、女性が失敗しがちな自己PRの書き方を紹介します。

■自分のやりたいことだけを記入している自己PR
「私は今まで事務職をしてまいりましたが、その際に培った積極性やコミュニケーション力を活かし、今後は営業職として御社に貢献したいと考えています」

未経験でも応募できる仕事は多くありますが、ただ自分がやりたいということだけをアピールしては、採用側からすると、あなたが本当にその仕事ができるのか不安で採用をためらう可能性があります。

なぜその仕事をやりたいのかだけでなく、なぜあなたがその仕事ができるのかを客観的なデータやエピソードを交えて伝え、応募先の会社にあなたが未経験でもその仕事ができると思える根拠を示しましょう。

■当たり前と思われることを記入している自己PR

「私は職場内のコミュニケーションを大切にしてきました。手が空いた時には、他の人の仕事を手伝うなど、積極的にコミュニケーションを図ってまいりました」

女性の自己PRでは、コミュニケーション力をアピールする自己PRが多く見られます。それ自体は問題はないのですが、そもそも職場でコミュニケーションをしっかりとり円滑な関係を築くことはビジネスパーソンとしては当然の資質です。中途採用の場合は、それだけでは当たり前のことでPRにはなりません。コミュニケーションをアピールするのであれば、自分ならではの特徴的なコミュニケーション方法や、コミュニケーションをとることで具体的に成果をあげた事例をあげるなど、ビジネスパーソンとして+αな自己PRを記入しましょう。

提出前は第三者に添削してもらう

希望する仕事をよく知っている人に添削してもらおう

希望する仕事をよく知っている人に添削してもらおう

自己PRはなにを記入することも自由です。自分をアピールできると思うことなら、どんなことを記入してもかまいません。ただし、独りよがりになりがちでもあるので、記入した際には必ず誰かに添削してもらいましょう。

自分が希望する業界で仕事をしている人にお願いできるのであればぜひ応募書類を見てもらいましょう。あなたの今までの経験はその業界ではどう活かせそうかをアドバイスしてもらえるかもしれません。

また、以前の職場の人やあなたの働きぶりを知っている人に見てもらうと、自分でも気づいていないあなたの仕事場での強みを教えてもらえるかもしれません。周りの意見も参考に、あなたをしっかりアピールできる自己PRをつくりましょう。

<関連記事>
主婦向け求人サイト 上手な活用法
女性の再就職 応募書類の基本
女性の再就職 志望動機の書き方
女性の再就職 受かる面接のコツ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。