妊娠・出産・陣痛に関するジンクス・言い伝え・迷信TOP20

妊娠・出産・陣痛に関するジンクスや名神は、医学的根拠ないものから、一理あるものまで

妊娠・出産・陣痛に関するジンクスや名神は、医学的根拠ないものから、一理あるものまで

「妊娠中にトイレ掃除をするときれいな子が生まれる」と聞いたことのある妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠・出産・陣痛にまつわるジンクスや迷信、言い伝え、噂はいろいろあり、医学的根拠がないものも多いのですが、中には一理あるものもあります。読者の皆さんから集まった「妊娠中の言い伝え・噂・迷信20」に産科医の立場から(一部、個人的な意見も)お答えします。

■妊娠・出産・陣痛のジンクスや迷信 目次
お腹の出方と性別
顔つきと性別
電磁波の影響
つわりと性別
つわりと好物
妊娠と食べ物
妊娠中の食事
くじ運(宝くじ・福引・懸賞)
トイレ掃除
お葬式
火事
妊娠と免疫、風邪
妊娠菌
陣痛を呼ぶジンクス
出産と月の満ち欠け
立会い出産とセックスレス
中絶経験と出産
産後と視力
産後と水仕事
股のぞきと2人目妊娠

お腹の出方と性別

Q:
お腹が前に出てきたら男の子!? A: ×
赤ちゃんについて話すとき、いつの時代も性別の話題はかかせないですよね。でも、昔は今以上に赤ちゃんの性別が気になったのでしょう。超音波検査もない時代、迷信には、性別に関連したものがたくさんあります。このうち、お腹が前に出てきたら男の子で、前でなく横にできたら女の子?は医学的根拠がないにもかかわらず、今でもよく使われていて、多くの妊婦さんが、周囲の人からお腹を見て、女の子か男の子かと言われているようです。

顔つきと性別

Q:
顔つきがキツくなったら男の子!? やさしくなったら女の子!?

A: ×
男の子だと、ママの血液中に男性ホルモンが増えてきて、顔つきにも変化がでてくるような気もしますが、そうではないようです。面白いのは、こうした性別に関連した言い伝えに根拠がないとすれば、当たるかはずれるかは2分の1の確率のはずなのに、どこにでも、お腹や顔つきで100発100中で男女を言い当てることができるらしい方(だいたいがおばさん?)がいるのが面白いです。ただ、いくら男の子を望んでいても、顔つきで男の子といわれたら、ちょっと受け入れられにくいような気がしますよね。

電磁波と性別

Q:
電磁波をあびていると女の子が生まれやすい!?

A: ×

電磁波とは、電場と磁場が交互に揺らぐ波のことで、空間を伝波してゆきます。携帯電話をはじめ、コンピューターモニター、テレビ、電子レンジなどから発せられているので、身近な健康問題として考えられています。様々な報告があげられてはいますが、現時点では、人胎児に影響があると結論されていません。コンピューター関係者には女の子が多いとよく言われていますが、統計上の根拠はでてはいません。

つわりと性別

つわりがひどいと女の子?!

つわりがひどいと女の子?!

Q:

つわりがひどいと女の子!?

A: ×
これも医学的な根拠はないですね。どうして、女の子だとつわりがひどいと考えられていたのでしょうか。つわりは、妊娠を重ねるたびにひどくなる傾向があるので、何人も産んでいた頃は、下になればなるほど女の子が多いと思われていたのでしょうか? もし、これが男の子を望む傾向が強かった男尊女卑時代の遺物で、つわりがひどい場合は、家族が女の子かと落胆したのだとすれば、男の子より、女の子を望む両親が増えてきた今であれば、つわりがひどいのは男の子と言い換えなければならないかもしれませんね。

>>>つわり中に好んで食べたものは赤ちゃんの好物になる!?