妊娠は感染するという「妊娠菌」、「妊婦が陣痛中に描いた赤富士の絵をもらうと子宝に恵まれる」などの妊活ジンクス、迷信には医学的根拠はありませんが、 赤ちゃんを望む方に希望を与えてくれるものでしょう。妊娠が成立する仕組み、排卵日と妊娠しやすい日、基礎体温の付け方など、妊活の始め方についての基礎知識を解説します。
   

「妊娠菌」って本当にあるの?

「妊娠菌がうつる」妊活ジンクス 

「妊娠菌がうつる」「妊娠は感染する」は本当?

妊婦に接したり、妊婦が触った物などをもらうと妊娠しやすくなるという「妊娠菌」についてのジンクス・迷信がありますが、「妊娠が感染する」という医学的根拠はありません。

ただ、自分の周囲の人が妊娠すると、それまでは妊娠を考えていなくても興味が湧いてきたり、赤ちゃんを欲しいと思うきっかけになることはあります。そんな理由で、妊娠が続く連鎖反応はときどき見られる現象かもしれませんね。

なかなか妊娠しなかったカップルに赤ちゃんが授かれば、自分たちのところにも来てくれる、という希望にもなるでしょう。

▽参考記事
妊娠・出産・陣痛のジンクス・言い伝え・迷信
 

陣痛中の妊婦さんに富士山の絵を描いてもらうと、赤ちゃんを授かる?

「妊娠菌がうつる」妊活ジンクス  妊婦が描いた赤富士の絵

妊活ジンクス「妊婦が陣痛中に描いた赤富士の絵をもらうと子宝に恵まれる」

「妊婦が陣痛中に描いた赤富士の絵をもらうと、赤ちゃんを授かる」という妊娠ジンクス・迷信。

赤富士とは、普段は青色に見える富士山が、主に夏の終わり頃から秋の初め頃にかけての早朝に、朝陽や霧などの関係で赤く染まって見える現象。なかなか見られない光景なので、特別に縁起がいいものとされています。

当然ながら医学的根拠はありませんが、陣痛という大変な状況の中で願いを込めて描かれた赤富士の絵は、赤ちゃんを望む女性に大きな希望を与えてくれるものとなるのでしょう。

▽参考記事
妊娠・出産・陣痛のジンクス・言い伝え・迷信
https://news.allabout.co.jp/articles/p/000001235.000002372/
 

妊娠が成立する仕組みとは

このようなジンクス・迷信には医学的根拠はありませんが、赤ちゃんを望む方への希望となりますね。妊娠を希望するのであれば、妊娠が成立する仕組みや妊活のはじめの一歩である基礎体温の付け方などを知っておきましょう。
「妊娠菌がうつる」妊活ジンクス  妊娠が成立する仕組み

卵子と精子が受精して妊娠は成立する

卵子と精子が出会い「受精」することで、妊娠が成立します。精子の受精能力は、個体差はありますが、射精からだいたい3日間、長いと5日間くらい受精能力を持っている場合もあるようです。一方、卵子は排卵から24時間後には受精の力がほぼなくなってしまいます。受精を成功させるには、卵子が卵管にキャッチされるタイミングに合わせて、精子が卵管に辿り着く必要があります。
 

妊娠しやすい日はいつ?

「妊娠菌がうつる」妊活ジンクス  妊娠しやすい日

「妊娠しやすい日」を知るには、排卵日を正確に把握することが大切

妊娠しやすい時期は、排卵日の3~4日前から翌日までの4~5日間。最も妊娠しやすいのは排卵日2日前、続いて1日前、そして排卵日当日と3日前になります。つまり、妊娠しやすい日を見つけるには、排卵日を正確に把握することが重要です。

月経周期にもよりますが、月経周期が28~30日と安定している人であれば、2~3カ月基礎体温をつけるだけでも、排卵日が把握できることでしょう。月経周期が不規則な人は、基礎体温だけで排卵日を特定することは難しい場合があり、排卵日検査薬などを使用してタイミングをとるなどの工夫も必要です。
 

妊活はじめの一歩!基礎体温を付けてみよう

「妊娠菌がうつる」妊活ジンクス  基礎体温

毎日の基礎体温のパターンから、排卵日を推測

基礎体温とは、体が最低限のエネルギーを使っている時の体温。女性は生理の周期によって基礎体温が変化します。毎日の基礎体温のパターンから、排卵日だけでなく、生理周期や卵巣が機能しているかなども推測できます。

基礎体温は、起床直後の毎日同じ時間、起き上がる前の安静な状態のまま、婦人体温計で計るのが基本です。理想の基礎体温グラフは、低温期と高温期の二相に分かれます。はっきりとではなく、大まかにでも二相であれば、基本的には排卵はあることがわかります。

▽参考記事
基礎体温とは?理想の基礎体温グラフとガタガタの場合
 


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。