静脈瘤

妊婦さん

静脈瘤はどうしてできるの?

Q:
・静脈瘤がひどいのですが、産後元通りになるのでしょうか?

A:
増大した子宮によるつけねの圧迫、骨盤内の充血により、静脈の血流がうっ滞し、静脈が腫脹してくるのが静脈瘤です。外陰や下肢によく見られます。痔も同じ理由によります。やはり、長時間の立位をさけたり、足を高くして休んだり、下肢のマッサージや、弾性ストッキングの着用などで対応しましょう。見た目は悪くても、母児ともに大事にいたることはまずありません。産後は元通りとはいえないかもしれませんが、普通に戻ります。
 

切迫早産

Q:
・切迫早産気味と言われています。どの程度安静にすればいいのでしょう。

A:
切迫早産とは、早産の徴候がある状況で、お腹の張り、性器出血、子宮頚管の短縮、子宮口の開大などが主症状です。ただし、このような状況だと早産になるとか、逆に、安静にしていれば防げるというものではありません。あなたは、切迫早産気味ということで、入院しているわけではなさそうですから、ずっと寝てなくても、無理をしないで過ごしていればいいと思います。
 

おっぱい・母乳

Q:
・おっぱいがちくちく痛むので心配です。
・妊娠中から母乳マッサージをしたほうがいいですか?
・出産前から母乳が出るのはなぜですか?
・妊娠中に母乳をあげてもいいですか?(2人目)

A:
妊娠中から、おっぱいが張ってきたり、ちくちく痛んだりしても、乳腺炎にはならないので心配ありません。妊娠中の母乳マッサージを推奨している場合もありますが、それで母乳が良く出るようになる根拠はありません。個人的には、マッサージをする必要はないと思います。妊娠中から、うすくて透明な初乳が出ることもありますが、乳腺が発達してきているので、自然なことです。

かつては、妊娠中に上の子に授乳をすると流産になると言われ、やめるようにと指導していましたが、その根拠はなく、あげてもらって大丈夫です。妊娠したからといって、急に授乳をやめる必要はありません。


>> その他の妊娠中の疑問はこちら


編集部より

竹内正人先生に相談にのってもらいたい悩みをお持ちの方は、下記のフォームからメールをお寄せください。なお、すべての相談にお答することができない場合もありますが、あらかじめご了承ください。

>> 行動派産科医の本音 よろず人生相談

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。