Q4. 妊娠中に風邪薬を飲んでも大丈夫?

妊婦さん

妊娠中は薬の不安も多い

【よくある疑問】
  • 風邪薬は妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?
  • 喉が痛むときに医薬品ののど飴をよく舐めます。市販のお菓子ののど飴のほうがより安心ということはありますか?
  • 母親が風邪を引いたら胎児に影響はありますか?
  • インフルエンザのワクチンはOKですか?
【回答】
薬の種類と服用時期に注意しましょう。特に妊娠7週未満(妊娠2カ月まで)は、赤ちゃんに影響する可能性も少し高くなるので、処方はできますが、医師も気を配る時期です。

注意してほしいのが、熱さましや痛み止めの薬です。特に妊娠32週以降に市販のバファリンやイブなどを飲むと赤ちゃんの心臓の血管に影響することがあります。妊娠中に使える解熱鎮痛剤はアセトアミノフェン(商品名:カロナール)という薬です。

いずれにしても、産科で処方されたものであれば、赤ちゃんのことは心配なく服用してもらって大丈夫です。

のど飴は医薬品でも市販のものでも、赤ちゃんに対しては心配ありません。また母親が風邪を引いても、赤ちゃんにはまず影響はありません。

インフルエンザワクチンも影響はありません。妊娠すると抵抗力が下がり、インフルエンザにかかりやすくなる可能性があるので、妊婦には予防接種が推奨されています。なお、それでもインフルエンザにかかってしまった場合は、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を早めに処方してもらうようにしましょう。

詳しくはこちら>>使用時期が影響する、妊娠中の服薬

Q5. つわりが辛い。どうすれば乗り切れる?

【よくある疑問】
  • つわり対策が知りたいです。
  • つわりなのか精神的に不安定になった時の気分転換はどうすれば良いでしょうか?
【回答】
つわりは、ママの体が赤ちゃんを育んでゆくための変化でもあり、予防するものでも、予防できるものでもありません。何とか乗り越えていってほしいです。

一様ではありませんが、気分転換も含め、以下が対策です。
  • お腹がすく(胃が空になる)前にこまめに食べるようにする。
  • 食べられるときに、食べられるものを、食べられるだけ食べる。
  • 炭酸水でも口に入れられる水分をとれる時にとる。
  • 吐いた後は、必ず歯を磨くか、口をゆすぐようにする。
  • 歯磨き粉を気持悪くならないものにする。
  • 歯ブラシが口にあたると気持ち悪くなる場合は、小さなも歯ブラシでみがくか、マウスウオッシュで口をゆすぐだけにする。
  • つらさを周囲に理解してもらい、家事などの仕事を協力してもらう。
  • ブラジャーなど体を締めつけるものをやめる。
  • 外出したり趣味に没頭したりして、気持ちを他に向けてみる。
詳しくはこちら>>つわりを軽減する10の対処法

>>便秘対策はどうしたらいい?