「正期産」の範囲は35日間もあります

yoteibi-200gif.gif
「正期産」に当たる37週0日から41週6日までの出産件数。何週何日に生まれた子が多い?(湘南鎌倉総合病院 初産婦/自然出産1583名)
赤ちゃんが正常な時期に生まれるお産「正期産」とは、在胎37週0日から41週6日まで合計35日間のどこかで生まれることです。35日間は、長いです! あなたの赤ちゃんはどの日に生まれるでしょう? みんな、それが知りたくて臨月にはいると健診の度に聞くことになりますが、残念ながら、この予想は名医でもよくハズしてしまいます。ほとんど占いに近いかも?

今回は占いはやめて、そのかわりに、湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)が出して下さった興味深いデータをご紹介しましょう。

出産予定日に産まれる赤ちゃんは、20人に1人だけ

右の上にあるグラフは、同病院で2001年元旦から2005年9月末日までに扱った初産婦さんの自然出産1563件について、在胎期間が何週と何日だったかをまとめたものです。

一番お産が起きていたのは、やはり予定日でした。しかし数は99件で、全体から見るとわずか6.3%に過ぎません。妊娠中忘れることはなく、ドキドキしながら待っている予定日ですが、当日に生まれる人は20人に1人くらいですね。ランキング第2位は?というと、39週3日と40週3日の90件でした。

yoteibi-week-200.jpg
39週と40週に6割以上の子が生まれているようです。41週の出産も2割くらいあります。
山は39週に入ると急に高くなり、41週初めまで続いていました。「グラフにしてみると、意外と後ろに山がありますねえ」とは、産科部長・井上裕美先生のコメントです。週ごとの割合は、次の通りです。

37週……3.7%
38週……12.5%
39週……30.8%
40週……34.9%
41週……18.1%

予定日を過ぎても、赤ちゃんが元気なら焦らないで

このデータは、とても貴重なものです。なぜなら、多くの施設では陣痛促進剤などによる人工的な陣痛誘発が何割かあるので、陣痛が本来起きる時期がどのように分布するかがわかりにくいのです。

なぜ人工的な誘発をするかというと、それは、在胎週数が長引くに連れて胎盤の力が落ち、赤ちゃんが危険になるという考え方があるから。41週からはその可能性が高まると言われています。

でも、いつ薬を使うべきかは、日本では、医師個人の考え方により見解が異なっています。誘発には、誘発のリスクもあり、自然派の医師はそのリスクの方が高いと考えて処置に慎重になっています。また他の医師は、その逆だと考え、予定日を過ぎれば誘発するという人もいます。

湘南鎌倉総合病院では、42週に入るまでは、検査をしながら自然な陣痛を待つのを原則にしています。ただし、自然派で産むには、自分の身体を信じ、リラックスして待てる心を本人が持っていることも大事です。

予定日を過ぎたら、医師とちゃんとコミュニケーションをとり、自分にいい方法をとりましょう。

~あわせて読みたい~
出産予定日を過ぎても陣痛がこない場合
お産のサイン・始まり方・陣痛
妊娠期間『十月十日(とつきとおか)』と週数の数え方
2016年 戌の日カレンダー