セミウィンザーノットはクラシックスタイルに合うネクタイの結び方

ウィンザーノットの手順をひとつ省略した結び方。プレーンノットとウィンザーノットの中間の大きさに仕上がります。ノットの形状はプレーンノットより横幅があり、おにぎり型に仕上がるため、上品なクラシックスタイルに合わせるのがよいでしょう。

手順01

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

大剣を長めにとり、タイを首にかけます。

手順02

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

小剣に大剣を上から巻きつけて。

手順03

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

そのまま大剣先を首もとのループに上から下へ引き抜きます。

手順04

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

 大剣をキュッと引いておきます。小剣は縦に折り、シワを寄せず大剣も丁寧に巻きつけます。


手順05

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

大剣を反対側へ回して……。

手順06

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

首もとのループを下から上に引き抜きます。

手順07

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

大剣のループに剣先を挿し込んで……。

手順08

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

大剣を引きぬきながらディンプルを作ります。

セミウィンザーノットの完成!

セミウィンザーノット

Photo:石井幸久

小剣を引き、ノットを納めて完成です。
セミウィンザーノット

Photo:石井幸久



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。