クロスノットはネクタイをあえて崩したように結ぶスタイル

クロスノットの結び方とは

クロスノットの結び方とは

一般的にタイは大剣を結び回して仕上げますが、クロスノットは小剣を使って結びあげます。ノットは小剣がクロスした状態で仕上がります。ドレス感度の高いタイを、あえて崩したように結ぶ際に用いてみましょう。
 

クロスノットの結び方1

クロスノット

Photo:石井幸久

通常の結び方と異なり、タイの小剣側を長くとり首に掛けます。
 

クロスノットの結び方2

クロスノット

Photo:石井幸久

大剣の上に小剣をクロスして重ねます。
 

クロスノットの結び方3

クロスノット

Photo:石井幸久

クロスした小剣を大剣に巻きつけます。このとき大剣を絞って、ディンプルを作っておくのがポイントです。
 

クロスノットの結び方4

クロスノット

Photo:石井幸久

小剣をぐるりと大剣に巻きつけ、手順02と同じ位置にもってきます。
 

クロスノットの結び方5

クロスノット

Photo:石井幸久

巻きつけた小剣に指を入れてループを作った状態で、もういちど小剣を大剣後ろ側に回します。
 

クロスノットの結び方6

クロスノット

Photo:石井幸久

小剣先を首もとのループに上から通します。先程の指で作ったループは、そのままキープしておいてくださいね。
 

クロスノットの結び方7

クロスノット

Photo:石井幸久

指を挟んでおいたループに小剣先を上から通して引き抜きます。
 

クロスノットの結び方8

クロスノット

Photo:石井幸久

引き抜いた小剣は、ノットの後ろ側へキュッと引きます。ノットはクロスで結ばれています。ディプルの形を整えながら……。
 

クロスノットの完成!

クロスノット

Photo:石井幸久

大剣を引いてシャツの襟元にノットを納めます。通常のタイの結び方とは逆の感じですね。
クロスノット

Photo:石井幸久


 【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。