■あのマリオ・ペコラも認めるシャツ工房

アレッサンドラ・マンデッリのシャツ世の中に美しいシャツというものはあるものだ。『ペコラ銀座』で取り扱うオーダーメイドのシャツの名は『アレッサンドラ・マンデッリ』。ミラノに工房があり、裁断から縫製までほとんどアレッサンドラ・マンデッリ氏が一人で行っている。ちなみにこの職人さんは女性。また、ここは店舗を構えているわけではなく、ミラノの老舗テーラー『マリオ・ペコラ』が依頼しているシャツ工房にすぎない。


背面にはプリーツが入る『マリオ・ペコラ』で修行を積んだ経験をもつテーラーの佐藤英明氏も、5年ほど前から扱い始めたという。つまりミラノの『マリオ・ペコラ』と佐藤氏の『ペコラ銀座』でしか購入できないシャツなのである。


100番手~140番手の生地が実用的採寸は佐藤氏が行い、体型の説明などを加えたデータをアレッサンドラに送るシステムをとっている。仮縫いがないので1枚からのオーダーが可能。ダース単位で注文する習慣のない日本人には有難いことだ。100番手~140番手の生地を使えば価格3万4000円~。もっと繊細な140番手~170番手の生地なら4万5000円~5万円代とのこと。


巷に出回っているインポートの高級既製シャツとくらべると、少し高いという印象を受けるかもしれない。「でもね、これでも安いほうなんですねえ~」と取材済みのボクは大口をたたいてしまう。

というのも、工場で量産されているシャツと、作りのレベルがまったくちがうのだ! もちろん一人のためにパターン(型紙)を作ってくれるわけだからフィットするのは当たり前。そのあたりは、どんなオーダーシャツも同じかもしれない。しかしそれ以上に、衿とアームホールの仕上げが絶品なのだ


次のページは、「美しい袖付けと、衿返しについて」です