海外では、「白いネクタイ」はマフィア風?

京都セントアンドリュース教会

結婚式での装いは、祝福の気持ちを表すひとつです 提供元:京都セントアンドリュース教会


結婚式でよくみられるダブルやシングルのブラックスーツ。「礼服」や「略礼服」とよばれていることもあり、日本ではこのような黒いジャケット&パンツに、白いネクタイを結ぶことが結婚式の定番です。

でも実はこれ、日本だけの独自ルール。ドレスコードでは礼装にならない上に、ブラックスーツに白ネクタイのコーディネートは欧米諸国の人々からすると、マフィアの典型的なスタイル!

そんなこともあり20~30代の男性や、おしゃれな男性の間ではブラックスーツに白ネクタイの装いが減ってきています。

それでも世代によっては、まだまだブラックスーツに白ネクタイは礼装の定番。ただしこれからの結婚式の装いをアップデートするなら、ぜひ「ネクタイは白」からの脱却を!


結婚式のネクタイの色は、シルバーグレー系が正解!

礼服

礼服とされるブラックスーツは、ドレスコード上、黒のビジネススーツの認識です


白いネクタイ以外、結婚式にはどんな色のネクタイをしていけばいいの? と思いますよね。

大人の礼装なら、シルバーグレーなどライトなグレー系や白黒の縞のネクタイがオススメです。ブラックスーツに合わせれば、時間を問わず着られる略礼装になります。

親族としての出席の際、まだまだ白ネクタイにダブルのスーツが一般的な世代や地域なら、白ネクタイ以外だとマナー違反と誤解されそうな雰囲気もあります。そんな時は、白に近いシルバーグレーや、ライトグレーに白の縞などが入ったネクタイを選べば安心です。

カジュアルな結婚式や友人の結婚式などであれば、スーツに似合うネクタイの色を合わせてOK。結婚式のテーマカラーを花嫁花婿に確認をして、テーマカラーに合わせた色を選んでも喜ばれます。テーマや雰囲気に合っていれば、赤・青・紺・黒ストライプなどでも特に問題ありません。


結婚式の男性ゲストにおすすめのネクタイの結び方は?

ネクタイは色だけでなく、その結び方も大切。上半身のバランスを決める大事な要素になります。

まず、ラペル(下襟)の幅とネクタイの一番広いところの幅が同じぐらいにしましょう。またネクタイの結び目(ノット)はラペルの幅に比例させること。ラペルの幅が広ければ、ネクタイの結び目も大きめに、細いラペルであれば結び目も小さめにするとバランスが良くなります。


【メンズファッションの関連記事】
結婚式用のネクタイの結び方「ウィンザーノット」
人には聞けないネクタイの結び方!11パターンを写真で徹底解説


結婚式の男性ゲスト・出席者におすすめのコーディネート(スーツ・ネクタイ・シャツ・靴・小物)

スーツカンパニー

結婚式なら小物も華やかに装いましょう。(ザ・スーツカンパニー) 通年/FORMAL/CERIMONIA/ /リバーシブルジレ付き・スリーピーススーツ/ OZ-01 ブラック/Amazon


そもそもブラックスーツは日本だけの礼服。普通にブラックスーツやダークスーツを着こなしてしまうと、”仕事着”感が抜けません。結婚式では、ネクタタイ以外も礼装として通用するようにアレンジしましょう。

まず、スーツはブラックやネイビー、ダークグレーなどの濃い色がオススメです。ブラックスーツでも光沢感のある素材なら夜の結婚式に。ガーデンやレストランウェディングなど、場所や季節によってはベージュなどライトな色でもOKですが、ベーシックカラーを選びましょう。主役は花嫁花婿なので、あくまで花婿様を引き立てる色選びがマナーです。

ドレスコードでは昼夜で小物を含め装いが決まっていますが、日本の結婚式なら昼夜兼用のブラックスーツに、シルバーグレーなどのタイ、ジャケットと共布、またはグレーなどのベストを合わせると良いでしょう。

シャツはレギュラーカラー、ウイングカラー(シャツの襟が首回りを包むように立ち上がり、襟先のみ折り返されているデザイン)の白が礼装としての基本的な装いです。結婚式のスタイルによってはカラーシャツでも問題ありませんが、それでもボタンダウンシャツはカジュアルになるので避けましょう。


男性の結婚式服装で蝶ネクタイも流行

結婚式の蝶タイ

蝶ネクタイも結婚式では取り入れやすい小物。(ザ・スーツカンパニー) 通年/FORMAL/CERIMONIA/リバーシブルジレ付き・スリーピーススーツ/ CH-14 ネイビー/Amazon


より礼装感をだすのであれば、ジャケットは黒やダークグレーなどで、ジャケットの衿はピークドラペル(剣衿)に。シングルならグレーのベストを合わせ、タイはシルバーグレーや白黒の縞。さらにコールパンツ(グレーと黒の縞のパンツ)を合わせると、いわゆるディレクターズスーツといわれるスタイルとなります。

ディレクターズスーツは昼の準礼装になるので、ゲストとしてはピッタリの装いになります。ポケットチーフはスリーピークスであしらい、披露パーティへの出席ならパフド(パッフド)クラッシュなどでも。

また、蝶ネクタイも人気のアイテム。光沢感のある黒の蝶ネクタイは夜の結婚式向けですが、結婚式のスタイルや会場の雰囲気に合わせて、蝶ネクタイの色や素材、ボリューム感を選んでください。

靴はストレートチップやプレーントゥなどのひも靴、夜ならスリップオンタイプのものを合わせましょう。

【参考】ポケットチーフの挿し方


男性ゲストの結婚式の服装は、普段のスーツの着こなしではただの“ビジネススーツ”の装いになってしまいます。ぜひ小物を上手に取り入れて、結婚式ならではのコーディネートを楽しんでください。


【写真提供】
京都セントアンドリュース教会
Amazon/THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。