結婚式に平服で行く場合、何を着るべき?

結婚式の主役はもちろん花婿花嫁だけど、やっぱり自分たちのことも気になります。

結婚式の主役はもちろん花婿花嫁だけど、やっぱり自分たちのことも気になります。

結婚式のお呼ばれで毎回、頭を悩ませるのが「何を着ていくか」ということ。ましてや招待状に「平服でお越しください」なんて書かれていたら、一体何を着たらいいのやら……。
   

平服とは略礼服であるダークスーツのこと

平服はいわゆる「普段着」ではないんです。

ドレスコードのくくりでいうと、平服は「略礼服」あたるとされています。一般的なドレスコードでいうと、男性の昼の正礼装はモーニングコート、準礼装はディレクターズスーツ、略礼装はダークスーツ。夜は正礼装がホワイトタイ(燕尾服)、準礼装はブラックタイ(タキシード)、略礼服はダークスーツです。

ただしこれはグローバルスタンダードのドレスコード。花婿花嫁の父もモーニングを着られることは多いですが、それは夜でも特に変わらないのが日本のスタイル。結婚式に出席するゲストも礼服やダークスーツが一般的ですよね。だから結局は花婿花嫁の友人として出席する場合も、あくまで平服=略礼服というドレスコードを考えると、実はスーツを着用することになるんです。
 

一番気をつけたいのは会場&ゲストの顔ぶれ

結婚式披露宴での服装のマナー

大人として結婚式のマナーはおさえておきましょう。

「平服で」と言われた時に、実は一番気をつけたいのは会場とゲストの顔ぶれです。

花婿花嫁の父が昼も夜もモーニング着用というように、明確なドレスコードが定着していない日本では、ゲストも洋服を決める時に、どんな会場で結婚式が行なわれるか、そしてどんなゲストが揃うのかが一番大切だったりするのです。どんなゲストが揃うのか花婿花嫁に直接聞いたり、着ていく洋服について一緒に出席する友人等と相談しあうのもいいでしょう。

ドレスコード上、男性の略礼服はスーツだとお話ししましたが、もしカジュアルな会場で、ゲストも友人や花婿花嫁と同世代の人が多いのであれば、パンツにジャケットなど、キレイめカジュアルでもOKです。逆にゲストが親族や年配の人が中心であれば、スーツが無難かも。

女性もワンピースやセットアップなど、会場の雰囲気とゲストの顔ぶれで決めましょう。パーティなのでカジュアルでもジュエリーなどを取り入れて、華やかさとドレッシーさ心がけて! また着物を着るなら、訪問着、付け下げ、1つ紋色無地は略礼服としてオススメです。

二次会などになると完全に普段着で!という意味で「平服」というワードを使う場合もあります。その場合でもやっぱりおめでたい場になるので、言葉通り完全な普段着よりも、ちょこっとドレッシーさをプラスして、お祝いの気持ちを表しましょう!

【関連記事】


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。