結婚式に平服で行く場合、何を着るべき?

【INDEX】
平服は普段着を着たらダメ?
気をつけるべきは会場&ゲスト
結婚式の主役はもちろん花婿花嫁だけど、やっぱり自分たちのことも気になります。

結婚式の主役はもちろん花婿花嫁だけど、やっぱり自分たちのことも気になります。

結婚式のお呼ばれで毎回、頭を悩ませるのが「何を着ていくか」ということ。ましてや招待状に「平服でお越しください」なんて書かれていたら、一体何を着たらいいのやら……。


平服って普段着じゃないの?

平服はいわゆる「普段着」ではないんです。
ドレスコードのくくりで言うと、平服は「略礼服」あたるとされています。一般的なドレスコードでいうと、男性の昼の正礼装はモーニングコート、準礼装はディレクターズスーツ、略礼装はダークスーツ。夜は正礼装がホワイトタイ(燕尾服)、準礼装はブラックタイ(タキシード)、略礼服はダークスーツです。

ただしこれはグローバルスタンダードのドレスコード。花婿花嫁の父もモーニングを着られることは多いですが、それは夜でも特に変わらないのが日本のスタイル。結婚式に出席するゲストも礼服やダークスーツが一般的ですよね。だから結局は花婿花嫁の友人として出席する場合も、あくまで平服=略礼服というドレスコードを考えると、実はスーツを着用することになるんです。


一番気をつけたいのは会場&ゲストの顔ぶれ

デザートビュッフェ
大人として結婚式のマナーはおさえておきましょう。
「平服で」といわれた時に、実は一番気をつけたいのは会場とゲストの顔ぶれです。

花婿花嫁の父が昼も夜もモーニング着用というように、明確なドレスコードが定着していない日本では、ゲストも洋服を決めるときに、どんな会場で結婚式が行なわれるか、そしてどんなゲストが揃うのかが一番大切だったりするのです。どんなゲストが揃うのか花婿花嫁に直接聞いたり、着ていく洋服について一緒に出席する友人等と相談しあうのもいいでしょう。

ドレスコード上、男性の略礼服はスーツだとお話しましたが、もしカジュアルな会場で、ゲストも友人や花婿花嫁と同世代の人が多いのであれば、パンツにジャケットなど、キレイめカジュアルでもOKです。逆にゲストが親族や年配の人が中心であれば、スーツが無難かも。

女性もワンピースやセットアップなど、会場の雰囲気とゲストの顔ぶれで決めましょう。パーティなのでカジュアルでもジュエリーなどを取り入れて、華やかさとドレッシーさ心がけて! また着物を着るなら、訪問着、付け下げ、1つ紋色無地は略礼服としてオススメです。

二次会などになると完全に普段着で! という意味で「平服」というワードを使う場合もあります。その場合でもやっぱりおめでたい場になるので、言葉通り完全な普段着よりも、ちょこっとドレッシーさをプラスして、お祝いの気持ちを表しましょう!
【関連記事】
大人のマナー結婚式の洋服選び5つのルール
結婚式におよばれ。振袖って何歳までOK?
花嫁の姉妹&親戚の着物選びルール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。