【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚式当日に輝くため、事前に押さえておくべきことって?

花嫁メイク

納得の花嫁メイク&ヘアに仕上げたいなら、ヘアメイクさんのアドバイスにも耳を傾けて!

どんなに美しいウェディングドレスを選んでも、ため息が出るような打掛を着ようとも、ヘアメイクに納得できなければすべてが台無しに。

大切な結婚式でこんな恐ろしい状況を迎えないためには、担当のヘアメイクさんとの打ち合わせが何より大切です。普段のメイクとは異なる、花嫁ならではのメイクや髪型を、結婚式前のヘアメイクリハーサル時にじっくり相談しておきましょう。

プロの手さばきや仕上がりにただ満足しているだけではダメですよ。担当してくれるヘアメイクさんとコミュニケーションをとりながら、一緒に作り上げていくこと。これが納得の花嫁メイクに導くリハーサルの正しいプロセスです。美しい花嫁で結婚式を迎えるためにも、ヘアメイクリハサールを攻略しておきましょう。

ヘアメイクリハーサルは情報収集から

花嫁ヘアメイク

雑誌の切り抜きやインスタグラムなど、とにかくマメにチェック!

当日着る花嫁衣装は、結婚式の3~2カ月前には最終決定します。この後、行われるのが髪型やメイクの打ち合わせ、つまりヘアメイクのリハーサルです。花嫁にとって重要かつ、不可欠なミッションであるヘアメイクリハには、事前準備から念入りにすすめていきましょう。

まずは花嫁メイクや髪型の情報収集です。自分がやってみたいヘアスタイルや、好きなヘアスタイル、メイクなどをチェックしましょう。雑誌やインターネットから気になる髪型やメイクを集めます。雑誌の切り抜きや、Instagram(インスタグラム)、Pinterest(ピンタレスト)などを使用してもOK。自分のアンテナに引っかかる花嫁のメイクや髪型など、ビジュアル収集をはじめましょう。

ヘアメイクは「似合う」「似合わない」を考えない

花嫁ヘアメイクリハサール

好きなイメージを集めて「似合う」「似合わない」の判断は、プロのヘアメイクさんに委ねましょう。

雑誌やネットで好きな花嫁ヘアメイクを集める際、「似合う」「似合わない」は気にしないこと。これまで多くの花嫁を手がけたSarah代表のヘアメイク流石さんによると、顔の形や髪質など一切考慮せず、とにかく「好き」なスタイルを集めることが肝心だそう。自分がステキだと思う髪型やメイクを集めることで、担当してくれるヘアメイクさんに、あなたの好きなスタイルが伝わります。

好きな髪型、メイクのイメージが分かった上で、花嫁の髪質や顔立ちなどを考慮しながら髪型やメイクのアドバイス、提案をしてくれるはず。だからまずは担当ヘアメイクに自分の好みを伝える、これがヘアメイクリハを成功させる第一歩だと心得ましょう。

さらにビジュアルものがあると、ヘアメイクさんとイメージを共有しやすくなります。たとえば「かわいい感じの髪型で」とオーダーしたところで、自分が思い描く「かわいい」と、担当ヘアメイクが考える「かわいい」のイメージが異なることも。口頭ではなかなか伝わりにくい髪型やメイクの雰囲気も、雑誌の切り抜きや写真があればイメージの共有も簡単です。自分の希望を叶えるためにも、そして効率的な話し合いをするためにも、写真や雑誌などのビジュアルは忘れないで!

花嫁ヘアメイクで「お任せ」はNG!? その真意は次のページ