結婚式準備、ファーストステップである会場が決定したら、次にドレス選びです。挙式日の約1年~半年前に1回目のドレス・フィッテングをするカップルが大半です。今回は、初めてドレスショップに行く時の注意点や、持っていくべきものをお伝えします。

試着の予約は必須!

画像の説明
じっくり試着するためにも予約は必要
ドレスショップの試着や下見は、各ショップによって様々ですが、ほとんどが予約制です。予約なしでもフィッテング可能なショップもありますが、予約を入れたほうが、ドレスのコーディネーター(スタイリスト)などスタッフから、ゆっくりと案内やアドバイスを受けられるので安心です。

予約は電話が中心ですが、最近はホームページからやメール予約もOKのショップもあります。人気ショップは土日祝日の予約がすぐにいっぱいになることも。フィッテング希望日が決まり次第、早めに予約するほうがベターです。

予約時に確認しておきたいこと

花嫁から、予約時にショップへ聞いておきたいことは主にふたつ。まずは、写真撮影が可能かどうかを確認しておきましょう。可能であればカメラをお忘れなく!

もうひとつは、おおよその所要時間を聞いておきましょう。ショップにもよりますが、初めての試着なら2~3時間と、意外に時間がかかるものです。前後のスケジュールをたてるためにも聞いておくと良いでしょう。

ドレスショップからは、挙式日・挙式会場(挙式スタイル)の2点を聞かれることが多いので、慌てないように再確認しておきましょう。海外挙式は出発~帰国予定日を聞かれることもあります。海外支店がないショップなどが貸し出し期間を知るためです。

誰と行く?

花婿と一緒に行く人や母親、姉妹、友人と一緒に、という人もいます。できれば同行者は、あなたのドレス姿を見て、正直に感想を言ってくれそうな人がベストです。時に客観的な辛口コメントも出る人なら、強力なドレス選びのパートナーになってくれるでしょう。もちろん、花嫁一人でも試着はできます。その時には、カメラを必ず持って行きましょう。自分以外の人にも、写真を見てもらってアドバイスを受けられます。

>>試着時の持ち物については、次ページへ