少し前に“ブーケトスは人権侵害だ!”なんて叫ばれたことが話題になりましたが、日本でも一般的なブーケトス。花嫁が独身の友人たち向けてブーケを投げ、それを受取った人が次の花嫁に、つまり結婚できるという欧米での占い遊びのようなもの。ウェディングにはこんな昔からの伝統や、占い遊びのようなものから、言い伝えまで、国内外問わずたくさんあります。その中でもウェディングドレスにまつわる言い伝えやおまじないをチェックしてみましょう。ドレスに関するものなので、ベースは欧米での伝統や言い伝え。信じるか、信じないかはあなた次第!? 肩肘張らずにゆる~く読んで下さいね。

【INDEX】
1P…ラッキーコインのおまじない
2P…4つの幸せアイテム。Something Four(サムシング・フォー)
3P…蜘蛛はラッキー、手作りウェディングドレスはアンラッキー!?

幸せを呼ぶラッキーコイン

6ペンスコイン
花嫁に幸せを運んでくるといわれる6ペンスコイン。4200円
イギリスで流通していた6ペンスコイン。これは1953年エリザベス2世の女王即位を記念して発行されたコインです。当時の花嫁の間では、左足の靴の中にコインを入れて結婚式に挑むと幸せになれるという言い伝えがあったそうです。

コインとしての機能のなくなった現在でもこの言い伝えは続けられ、一種のおまじないのような習慣として伝わっています。日本でもウェディンググッズを扱うショップやネットでも購入できるので、興味のある方はぜひ、コインを左の靴に忍ばせて挙式に臨んでください。