花嫁にまつわる言い伝えやおまじない

花嫁にまつわる言い伝えをお伝えします

花嫁にまつわる言い伝えをお伝えします

【INDEX】
1.【サムシングフォー】4つの幸せアイテム
2.【6ペンスコイン】左足の靴の中に入れるとハッピー?
3.【手作りドレス】自分で作ると縁起が悪い?

少し前に“ブーケトスは人権侵害だ!”なんて叫ばれたことが話題になりましたが、日本でも一般的なブーケトス。花嫁が独身の友人たち向けてブーケを投げ、それを受取った人が次の花嫁に、つまり結婚できるという欧米での占い遊びのようなもの。ウェディングにはこんな昔からの伝統や、占い遊びのようなものから、言い伝えまで、国内外問わずたくさんあります。その中でもウェディングドレスにまつわる言い伝えやおまじないをチェックしてみましょう。ドレスに関するものなので、ベースは欧米での伝統や言い伝え。信じるか、信じないかはあなた次第!? 肩肘張らずにゆる~く読んで下さいね。

1.【サムシングフォー】4つの幸せアイテム

リングピローにブルーが使われることもあります。リングピローには将来、2人の子供が誕生したときの最初の枕にすると、幸せになれるという言い伝えがあります。

リングピローにブルーが使われることもあります。リングピローには将来、2人の子供が誕生したときの最初の枕にすると、幸せになれるという言い伝えがあります。

こういったウェディングの言い伝えやおまじないの類で一番、有名なのではないでしょうか? Something Blue(サムシング・ブルー)。みなさんも一度は耳にしたことがあるはずです。青いものを身につけて結婚式を迎えると幸せになれるという言い伝えです。このSomething Blueはこれから紹介するSomething Four(サムシング・フォー)の1つ。4つのSomethingです。

・Something Old(サムシング・オールド)…何か古いもの
・Something New(サムシング・ニュー)…何か新しいもの
・Something Borrow(サムシング・ボロー)…何か借りたもの
・Something Blue(サムシング・ブルー)…何か青いもの

これら4つのSomethingを身につけて挙式をおこなうと幸せになれるというものです。たとえば、おばあちゃんやママから譲り受けたベールをつけ、靴は新しいものを準備、幸せな結婚を送っている友人からアクセサリーやハンカチを借ります。目立たないところに身につけると良いとされるSomething Blue(サムシング・ブルー)は、下着や白いガーターにブルーのリボンが入ったものをつければ4つのSomethingの装着完了です。

ちなみにSomething Fourの由来はマザーグースの歌だと言れ、それぞれ4つのSomethingには象徴するものがあります。
Something Old(サムシング・オールド)は祖先や家族の愛を、Something New(サムシング・ニュー)は将来、Something Borrow(サムシング・ボロー)は隣人愛、Something Blue(サムシング・ブルー)は純潔を表しています。Something Blueのブルーは古代イスラエルの伝統からきているだとか、Something Oldは古い友人を象徴し、結婚後も変わらぬ友情を表す、といった願いが込められているなど、慣習の由来は地域などによっても多少の違いはありますが、いずれも幸せな結婚を祈って身につけるようになったものです。

2.【6ペンスコイン】左足の靴の中に入れるとハッピー?

6ペンスコイン
花嫁に幸せを運んでくるといわれる6ペンスコイン
イギリスで流通していた6ペンスコイン。これは1953年エリザベス2世の女王即位を記念して発行されたコインです。当時の花嫁の間では、左足の靴の中にコインを入れて結婚式に挑むと幸せになれるという言い伝えがあったそうです。

コインとしての機能のなくなった現在でもこの言い伝えは続けられ、一種のおまじないのような習慣として伝わっています。日本でもウェディンググッズを扱うショップやネットでも購入できるので、興味のある方はぜひ、コインを左の靴に忍ばせて挙式に臨んでください。

3.【手作りドレス】自分で作ると縁起が悪い?

国や地方によって言い伝えはさまざまです

国や地方によって言い伝えはさまざまです

それぞれの国やその地方によって、言い伝えやその由来に違いはありますが、他にもウェディングにまつわる言い伝えや、幸運だと言われるアイテムなどがいろいろあります。

たとえば結婚式の当日、ウェディングドレスに蜘蛛(!)がついたら幸運に恵まれるだとか、花嫁にベールを付けてあげる人が既婚者だと花嫁は幸せになれるといった幸運を呼び込むおこないに、ガーターは花嫁のラッキーアイテムだと言われる所も。さらにそれが借りたガーターならばなお良し! なんだそう。

気になるところでは、ウェディングドレスを手作りすることについての言われ。欧米では花嫁が自分のウェディングドレスを作ることは縁起が悪いおこないだと言われているそうです。だから自分でウェディングドレスを作る花嫁は、あえてドレスのほつれを作り、誰かに直してもらったり、ボタンなどを他の人に付けてもらったりすることもあるそうです。現在ウェディングドレスを自分で製作中の花嫁も、欧米の習慣にならってボタン付けなどはママや友人に託してみるのも良さそうです。

言い伝えはあくまで言い伝えであって、信じるのも信じないのも自由。ましてやウェディングドレスにおけるものは他の国の慣習になるので、そんなに気にするものではないのですが、幸せ花嫁をより満喫するために、少し取り入れてみても良いかもしれませんね!

【関連記事】
ウェディングドレスの選び方と体型別人気デザイン2018
ウェディングドレス試着のポイント!持ち物や時間は?
ドレス・スタイルをよく見せるための3ヶ条

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。