【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
チャペル入場
多くの女子にとって思い入れの強いウェディングドレス。でもリアルに金額だって気になります。【会場:スイスホテル南海大阪
インターネットなどでよく見かける“激安ドレス”や“格安ドレス”。ウェディングドレスは高いものというイメージがあるのに、なぜこんなに安いの? 素朴な疑問とともに湧き出る「こんなに安くて大丈夫?」という不安。今回は激安ウェディングドレスの安さのヒミツを探ります!

ドレスは中国多し!

ショップによって違いますが、中国を中心としたアジア圏で製作したドレスを扱っているので、格安・激安を可能にしています。
ラグジュアリーブランドと比べると、やはり素材のクオリティなどは落ちますが、以前に比べてデザイン性も高まり、早い仕上がりなどの利点もあるんです。

シンプル・イズ・ベストなショップ

すべてはドレスを安く提供するために、ショップの内装などもシンプルなところが多いのも特徴の1つ。インテリアなどの余計なものにお金をかけない分、ドレスを格安にできるという訳ですね。
逆にゴージャスなドレスショップで姫気分を味わいながらドレスフィッテング…。ドレス選びそのものを楽しみたい人には不向きかもしれません。

3つめの安さのヒミツは、次ページで詳しく説明します。