【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
ホワイトドア
どんな人でも似合うAラインだからこそ、より美しく着こなしましょう!【写真協力:WHITE DOOR】
比較的どんな人でもキレイに着こなすことができ、なおかつデザインや素材によってイメージも変わるので、どんな会場でも対応できるオールラウンダーなドレスがAラインです。そんな万能型ドレスをより美しく着るため、身長別に選び方&着こなし方のポイントをお伝えします。

Aラインとは?

名前の通り、アルファベットの「A」の形をしたドレスラインのことです。トライアングルライン、ピラミッドラインなどとも呼ばれ、1955年にクリスチャン・ディオールが発表したものが一般化したと言われています。

上半身は小さく、下に向かって流れるように広がるシルエットは、スタイルを美しく見せる効果があります。ウェストのラインが少し高い位置にくるものがほとんどなので、脚長効果もバツグン!

またデザインや素材などによってイメージがガラリと変わります。だから「大人っぽく着こなしたいけど、スレンダーを着ると、なんだか老けて見える」「せっかくドレスを着るからスカートが膨らんだものを着たいけど、ベルラインはちょっと子供っぽくなりすぎる」なんていうワガママ花嫁の希望も叶えられます。もちろん会場のイメージに合わせることもできる便利なラインです。

長身花嫁のAライン

プロノビアス
モダンでスタイリッシュなロイヤルサテンのAラインドレス。サイドに取ったタックが優美なドレープラインをつくりだします。凛とした美しさを演出するデザインは、会場を選ばない1枚です。【写真協力:PRONOVIAS TOKYO
長身花嫁はどんなドレスでもモデルのように着こなせてしまうので、もちろんAラインだってお手のもの。より美しくAラインを着こなすなら、スカートの広がりを少々抑え気味みにする方が映えます。ベルライン同様、横にも縦にも大きさを強調しないようにしましょう。またハイウェストは縦のラインを強調しすぎてしまうので要注意! 余計に身長を高く見せてしまう可能性が高いので、全体のバランスに気をつけましょう。

長身で華奢な花嫁なら、トップスにボリュームを持たせましょう。すっきりまとめすぎると寂しい印象を与えてしまいます。全体がシンプルなら、ベールなどで上半身に華やかさを出すようにするのも1つのアイディアです。

さらにオススメしたいのはロングベール。カテドラルといわれる床に付くぐらいの長さのベールは、実は長身の花嫁だからこそバランスよくつけられるものです。

小柄花嫁のAライン

背の低い花嫁はウェスト位置が高めのドレスがオススメです。ハイウェストは縦のラインを強調し、脚長効果もありますよ! またトップスにポイントを作ることも大切。視線を上に集めることは、どんなラインにおいても小柄花嫁の鉄則です。

素材はオーガンジーやタフタなど、軽くてハリのある素材を選びましょう。ハリのある素材はしっかりとシルエットを構築するので、縦長のラインを作ってくれます。オーガンジーは伝統的に春夏のドレスに使われていた素材。現在は季節を問わず使われていますが、来春や夏に挙式を考える花嫁には特にオススメです。

基本的にはAラインのように連続した長いラインをつくる形は、身長が低くてもバランスよく着こなせます。可愛らしいさが「子供っぽい」印象にならないようにビスチェ(ベアトップ)など、デコルテラインを見せることも忘れないで!

【写真協力】
PRONOVIAS TOKYO
東京都港区南青山2-27-14 ドーリック南青山1F,2F
TEL 03-3475-7010 FAX 03-3475-7013
営業時間 11:00-20:00
定休日 水曜日

WHITE DOOR
STUDIO 5 AOYAMA(他店舗はコチラから)
東京都港区南青山4-1-15 アルテカベルテプラザ2F
TEL: 03-5411-1501 FAX: 03-5411-1566
営業時間 11:00-20:00