山と川と城のある街、池田

猪名川と五月山が徒歩圏にあり、自然の豊かさを感じる事ができる「池田」駅界隈。以下、駅から徒歩で行った「池田の自然」をご覧下さい。まずは池田市(大阪府)と川西市(兵庫県)の境を流れる猪名川の風景からです。

猪名川と五月山

猪名川と五月山を望む。白いワイヤーが印象的な橋梁は、阪神高速11号線池田線。駅から徒歩7~8分の場所に「川西小花」出入口がある。

くれは橋と猪名川

振り返って南側を見るとこのような景色。くれは橋上からの景色。

猪名川河川敷

猪名川河川敷。ランニングや散歩に持ってこいの空間である。

猪名川河川敷

土曜の午前中、多くの人がゆったりとした時間を楽しんでいた。


河川敷の広場は、子供の遊び場に、大人の散歩道にと、なかなか使い勝手が良いものです。

続いては池田城跡公園。駅を北側に歩いて約7~8分程、逸翁美術館の北側にあります。池田の地名の由来とされている地方豪族_池田氏が築城した池田城(後に廃城)の跡地にあります。

池田城址公園

駅から北方面、緩やかな坂をあがったところにあるのが池田城跡公園。

池田城址公園

入口部分にある欄干が木製の橋。「城」というより「庭園」な感じ。

池田城址公園界隈

こちらは池田城跡公園界隈の風景。公園内と同化したような様子。

五月山体育館

公園の北側にある五月山体育館。車利用の際はここに奥野が便利。

池田城址公園界隈

池田城跡公園西側の一般道から。白壁と天守閣が街の風景とマッチ。

山や川に近く自然の豊かさが享受できる阪急「池田」駅界隈。歴史や文化の豊かさを感じられる風景も多くあります。そちらの方は次回のご紹介です!






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。