バルセロナのおすすめバル5 トッサ

トッサのタパス

トッサのタパス 人気のタパス盛り合わせ。2皿とデザートかコーヒーから成るランチメニューも8.80ユーロと安価でおすすめ

観光名所付近にはあまり地元の人がすすめるようなお店はないものですが、このトッサはサグラダファミリア周辺にあるお店の中では特別な存在。朝のコーヒータイムから昼食時、夕方から夜中にかけてのタパスタイム、いつも地元の人で賑わいます。かと言って、常連客ばかりで盛り上がる入りにくい店ではなく、旅行者用に英語のメニューもあるから安心。料金もかなり良心的。

このお店のコンセプトは、カタルーニャ州の家庭料理タパス。40年前にオープンした家族経営のお店で、母が厨房、父がホールをしきり、息子とその妻がホールを手伝っています。そのため、まるで家に招待されたような温かい雰囲気が漂うのが特徴。名物は、生ハムと鶏肉、セップ茸のコロッケなどですが、おすすめは、タパス盛り合わせ。コロッケ、パタタス・ブラバスと呼ばれるポテトフライ、海老のグリル、小魚のフライ、ミニピーマンのフライのセットが14.25ユーロで楽しめます。

<DATA>
■TOSSA
住所:Napoles 291
TEL:+34 93 457 651093 457 6510
営業時間:8:00~23:00
定休日:土曜午後、日曜
アクセス:L4、5 Sagrada Familia 徒歩7分


バルセロナのおすすめバル6 キメッキメッ

キメッキメッのタパス

プリップリのムール貝をトマトのコンフィチュールの上にのせ、キャビア風の魚卵で飾った一品

バルセロナの人なら知らない人はいない、高級缶詰などをアレンジしたタパスの有名店。ムール貝やイベリコ豚のパテ、スモークサーモンなどをバゲットパンの上にのせ、特製のソースやチーズなどでデコレーション。カウンターの後ろには缶詰やワインがずらっと並んでいて、まるで食品店のよう。地元の人と肩を並べてバル文化を楽しむのにぴったりの店です。


<DATA>
■Quimet Quimet
住所:Poeta Cabanyes 25
TEL:+34 93 4423 142+34 93 4423 142
営業時間:12:00~16:00、19:00~22:30 
定休日:土曜午後、日曜
アクセス:L3 Poble Sec 徒歩5分

バルセロナのおすすめバル7 タパス24

タパス24

チーフシェフのハビエルさんと今日のご飯(この日はイカ墨ご飯)

地元のミシュランシェフ「コメルス24」のカルレス・アベリャン氏のタパスの店。メイン通りパセジ・デ・グラシアと隣接する抜群な立地条件もあり、大人気のバルです。ここは「コメルス24」の料理を思わせる、お洒落で繊細なタパスがたくさん。基本は地元バルセロナでよく見かける伝統的なタパスで、それにアベリャン氏ならではのモダンでユニークな風味を加えたもの。

タパス24店内

元気一杯のスタッフが迎えてくれます

例えばちょっと変わったものでは、チーズとハムのホットサンド、ビキニが黒トリュフサンド。目玉のようなボンバと呼ばれるじゃがいものコロッケなど。ちょっとかわいく楽しいタパスを楽しんで。普通じゃないタパスを試したい方に特におすすめです。スタッフが気さくで優しいのもポイント高し!

<DATA>
■Tapas 24
住所:Diputació 269
TEL:+34 93 488 097
営業時間:9:00~24:00 
定休日:日曜、祝日
アクセス:L3 L4 Passeig de gracia 徒歩7分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。