レシピ:杉村昌宏(All About「男の料理」旧ガイド)


豚の角煮

豚の角煮といっても、和洋中いろいろなタイプがある。

中華でいえば、皮つきの豚バラ肉を使った「東坡肉(トンポウロウ)」が有名だし、沖縄料理の「ラフテー」も類縁といえる。

豚のバラ肉を使ったポトフなども、見ようによっては「豚の角煮」の一種なのかも知れない…。

 

今回紹介するのは、柔らかくじっくりと火を通して甘辛く仕上げた、和風の「豚の角煮」だ。

とろとろに柔らかく煮あがった豚バラ肉に、コクのある味をしっかりとしみ込ませた大根と卵もつけてみた。

舌の上でとろけるような食感を楽しんでみよう。


■材料 (3~4人前)

・豚バラ肉(塊で800gぐらい)
・大根(半本)
・卵 4個
・ねぎ(青い部分を適量)
・しょうが 1かけ
・唐辛子 1本
・しょうゆ 150cc
・酒500cc
・砂糖 大さじ3
・ときガラシ


 


作り方は次のページへ