京の日本茶カフェ特集! 

京都のカフェといえば、やはり「日本茶カフェ」! 老舗の純(珈琲)喫茶も沢山ある京都ですが、ここ最近急激に増えてきた「日本茶カフェ」は、手軽な価格で和気分を味わえるということで、日本人客以外にも外国人観光客からも大人気。神社巡りや京料理巡りはもちろん、日本茶カフェ巡りも京都(食)観光のお楽しみの一つでしょう。

というワケで、ご要望の多かった今回の日本茶カフェ特集 第2弾は、前回の「和カフェ」特集(和菓子がメイン)よりも、さらにより日本茶を堪能できる店を中心にセレクトしました。

もちろん、今回の記事では紹介しきれていない店も沢山ありますが、それはまたいずれ掲載していきます。

 

嘉木

外観

お店は静かで趣のある二条寺町にあります

京都の日本茶を語る上で欠かせないのが、全国に名を馳せる「一保堂」。私も子供の頃から「一保堂」さんの御茶で育ってきたほどです。

その「一保堂」本店にある和カフェ「嘉木」は、オススメは京都限定の「北野の昔」。薄茶なら御菓子セットで648円、と美味しい上にリーズナブル! 玉露も大好きですが、店内でいただく時は私はいつもこのセットをいただいています。

また、「嘉木」は一保堂本店内にあるので、御茶をいただいた後は、好みの日本茶を買い物して帰るのもいいですね。

<DATA>
・店名: 嘉木
・所在地:京都市中京区寺町二条上ル常盤木町52
・アクセス:京都市営地下鉄「京都市役所前駅」徒歩約7分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-211-3421
・営業時間:10:00~18:00(喫茶)、9:00~18:00(店舗)
・定休日:年末年始以外は無休

 

茶房「元庵」

カキ氷

御茶だけではなく、スイーツメニューも豊富

丸久小山園の新展開である茶房「元庵」。今年の夏は酷暑が続いたこともあり、ここの「カキ氷」にはとてもお世話になりました。「にんじん かき氷」等、ユニークなメニューもあるのですが、私のお気に入りは王道の「抹茶あずき氷(あずき京氷室)」(夏季限定950円)。

写真(上)のように、実に端正なルックス。見ているだけで体感温度がマイナス1~2度は下がりそうな感じですが、味わいのほうも完璧。もっちもちの白玉と、抹茶+あずきの相性の良さが堪りません! それに、練乳は後がけ仕様! 自分で量を調整できるのは嬉しいですね。茶室も完備されておりますので、抹茶をいただきたい時は是非そちらで。

<DATA>
・店名: 丸久小山園 西洞院店・茶房「元庵」
・所在地:京都府京都市中京区西洞院御池下ル西側
・アクセス:京都市営地下鉄「烏丸御池駅」徒歩約6分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-223-0909
・営業時間:10:30~17:00(茶房)、9:30~18:00(店舗)
・定休日:毎週水曜日(祝営業)、正月三箇日


次ページでは、ユニークな2軒を御紹介します。