知っておきたい! メキシコ旅行の基礎知識

メキシコ文化の象徴である、褐色のマリア、グアダルーペ。国民の約90%がカトリック教徒のメキシコでは、グアダルーペの像があちこちで見られる。

メキシコ文化の象徴である、褐色のマリア、グアダルーペ。国民の約90%がカトリック教徒のメキシコでは、グアダルーペの像があちこちで見られる

アメリカの南に位置し、中南米の入り口となるメキシコ。正式名称はメキシコ合衆国(Estados Unidos Mexicanos)といいます。日本でメキシコのイメージと言えば、サボテンの生えた砂漠の風景や、大きな帽子(ソンブレロ)を被った陽気なヒゲのおじさんがマリアッチと呼ばれる音楽を声高らかに歌い出したり、ピリ辛料理を食べながらテキーラを一気呑みする……といったようなものかもしれませんね。

しかし、それらはメキシコの一部であって、もちろん決してすべてではありません。日本の約5倍の国土を持つメキシコは、地域 によって気候、自然、習慣、食べ物もさまざま。さらに、紀元前から文明が栄えていた長い歴史のある国なので、世界遺産にも登録される古代遺跡やコロニアル都市もあれば、伝統的な文化が息づく町が国のあちらこちらに点在しています。この記事では、主にメキシコ初心者に向けて、そんなメキシコを楽しむための旅の基本情報をご紹介していきます。

メキシコといえばテキーラ!

色んなメーカーのテキーラがたくさん!高級テキーラも日本の半値ぐらいで購入できる。

色んなメーカーのテキーラがたくさん!高級テキーラも日本の半値ぐらいで購入できる

「メキシコ」といえば、多くの人が思い浮かべる「テキーラ」。メキシコを象徴する蒸留酒、テキーラはアガベという竜舌蘭の一種から抽出された飲み物。竜舌蘭自体はメキシコ全土でよく見かける植物ですが、実はさまざまな種類があります。その中でも、「ハリスコ州テキーラ村」といったように政府が認定している地域で採られるアガベから抽出された酒だけが、テキーラの称号を与えられます。

テキーラもその熟成の度合いによって、さらに細かな種類があります。代表的なところをご紹介すると……
  • ブランコ:製造後すぐに瓶詰めされるもの。日本の焼酎に似たキリッとした後味。
  • レポサド:2ヶ月から1年未満で熟成。まろやかなコクが特徴。
  • アニェホ:1年以上樽で寝かせるため、上質なウイスキーのような香り高さを持つ。
テキーラを使ったフローズンカクテル、マルガリータもぜひ試してみたいもの。本場メキシコでは、グラスの口のところに塩だけでな く唐辛子パウダーがまぶされますが、意外にも唐辛子がカクテルの甘さを引き締めて、ベストマッチ。

詳細記事はこちら>>>テキーラ