かかとの動きをプラスしてセンターバランスも取り戻す
『ヒールスライド&アームワーク』
で関節をスムーズに

股関節、膝関節、足首の関節をコントロールして動かし、かかとを滑らせるように動いていきます。脚を心地よく伸ばしながら、肩関節もゆっくり動かしてみましょう。

エクササイズの基本姿勢を整えて!

エクササイズの基本姿勢を整えて!

1. (スタートポジション)
仰向けで膝を立て、脚は腰幅位にとり、スタートポジションを整えます。出来るだけカラダがまっすぐになるように、センターラインも整えましょう。

肩に余分な力が入らないように、リラックスします。そこから※ジップアップ(骨盤底の引き上げ)をして、息をゆっくり鼻から吸って準備をします。

 

脚をゆっくりまっすぐ伸ばしていく!

脚をゆっくりまっすぐ伸ばしていく!

2. 手は床の楽な位置に置き、右の足首を曲げ、ゆっくり息を吐きながら、かかとをまっすぐスライドさせ、伸ばしていきます。
足の裏全体で重い空気を押すようなつもりで。

 


左足の膝やつま先が浮かないように安定よく動かす!

左足の膝やつま先が浮かないように安定よく動かす!

(<2> の左足の状態 )
右足を動かしている時に、左のひざがグラグラしたり、足の親指が上がってこないように。肩はリラックスさせます。

左足をしっかり安定させて行いましょう。

伸ばしきった時、右足のつま先や膝が天井の方を向くように、足首は曲げておきます。ふくらはぎの心地よい伸びも感じましょう。

 

NG!!undefined膝やつま先も安定させて!

NG!! 膝やつま先も安定させて!

(<2> の左足のNG状態)
・お腹や内ももの力が抜けて左脚の膝が外側や内側に倒れたり、不安定に揺れる。
・足の裏や足指が、安定が崩れ浮き上がる。

 

カラダを安定させながら元の姿勢に戻ります。

カラダを安定させながら元の姿勢に戻ります。

3. 息を吸って、吐きながらゆっくり元の位置まで戻してきます。
その時もカラダを安定させておきましょう。

反対脚も同じ動きをし、1から3を数回繰り返します。

 

体幹を安定させ、手と足で引っ張り合うように!

体幹を安定させ、手と足で引っ張り合うように!

4. 何度か行って慣れてきたら、手の動きも付けます。

右脚をスライドする時に左手を片手で万歳を作るように、脚と一緒にゆっくり上げていきましょう。

その時に、左肩が耳に近づかない様、両肩の高さを揃えておきます。吐きながらゆっくり手と足を元の位置へ戻します。

 

左右バランス良く行ないましょう!

左右バランス良く行ないましょう!

(<4> の反対側の手足の動き)
左右バランスよく、体幹の安定を意識しながら反対側も行いましょう。

 

カラダのセンターラインを感じながら、腰をそらせないように気を付けます。

出産した日から1週間、何もしないでいるのと、疲れが出ない程度にコントロールしながら動くのとでは、子宮の戻りなどカラダの回復スピードや、気持ちの安定度も違ってきます。

赤ちゃんとの新生活に、プレ・リカバリーのエクササイズもスタートさせ、無理なく心地よく過ごせる土台を作っていきましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。