太らない体質のための大前提

朝食

朝食は太らない体質づくりに不可欠です!

太るメカニズムは、基本的にとてもシンプル。太ってしまうのは、
使いきれないカロリー=体脂肪
という関係にあるからです。食べたもの(入れる)のカロリーと、消費したもの(使う)のカロリーの間に差があり、使いきれないカロリーが余分にあると、それらが体脂肪として蓄えられていく仕組みです。

したがって、太らないためには「使いきれる分だけ体に食べ物を入れる」ことが基本。その方法は二通りあり、
  • ひとつは食べるもののカロリーを調整すること
  • もうひとつは、消費するカロリーを意識的に増やすこと
です。
当然のことだと感じるかもしれませんが、リバウンドを繰り返さない「太らない体質」のためにはこれが何よりの鉄則。

まずは、あなたが太りやすい体質になってしまっていないか確認しましょう。


太りやすい体質とは

食べる量のわりに自分は太りやすい、と自覚している方もいるでしょう。食べたものを忘れてしまっている場合は別として、普通量の食事をすると体重が増えやすいような気がしている方は、エネルギーが使われにくい(やや太りやすい)体質なのかもしれません。

食べた食事のエネルギーを上手に活用できるかどうか、この「太りやすさ」には個人差があるのではないかと言われています。この分野にはまだまだ未知のことが多いようですが、大きくは二つの要因があるのではないかと考えられます。

まずひとつは基礎代謝の差。
こちらは体の筋肉量に左右されると言われています。「脂肪を除いた筋肉や内臓などの組織1kgの増加につき、基礎代謝量は50kcal近く増える傾向(国立栄養研究所、田中茂穂さん)」といった見解からもわかるように、体脂肪比率が高いと消費されるエネルギーが少なくなる可能性があります。

また、もうひとつは消費エネルギーの減少が考えられます。
食事を食べない時間が続くと、カラダは少ないエネルギーで生命を維持するために、省エネモードに傾いてしまうことがあると言われています。例えば、睡眠時間が不規則であったり、食べたり食べなかったりと食事量を不規則にしていたり、極端な食事制限を続けた経験がある、などの場合です。手足が冷えたり体温が低いといった場合は、その可能性があるかもしれません。

次のページでは、太らない体質をつくる食事のテクニックについてレクチャーします。