自分を傷つけてしまう「自傷行為」とは

悩む女性

やり場のない怒りや空虚感を覚えたとき、人は普段しないようなことを衝動的にしてしまうことがあります

絶望感や空虚感で心が押しつぶされそうになった時や、やり場のない怒りが湧き起こった時、時に人間は自分を傷つけるような行為をしてしまうことがあります。火のついたタバコを体に押し付ける、手首をカミソリで切るリストカット、爪で皮膚が破れるまで引っ掻いてしまう……。こうした行為は周囲の人からは、なかなか理解し難い面があると思います。

どうして自分を傷つけるという衝動を抑えられなくなってしまうのでしょうか? 今回は自傷行為の問題についてお話したいと思います。

自傷行為の理由は? 苦しみの中から自分を救う手段

もしも、やり場のない怒りを覚えた時、皆様ならどうしますか? ショッピングで気持ちを発散させたり、酒を普段以上に飲んでしまったり、また、やけ食いしてしまう人もいるでしょう。中には、衝動的に壁を殴ったり、額を机にぶつけてしまう人もいるかもしれません。

誰でも程度の差こそあれ、自分を傷つけるような行動があると思いますが、自傷行為はその極端なケースと言えます。自分を傷つける事によって、怒りを鎮め、押し潰されそうな気分を放出するのです。ある人にとっては、自傷行為が自分の苦しみに対処する唯一の手段となり、苦しみを感じる度に自傷行為が繰り返されてしまいます。

こうした行為はなかなか他人には言えないものなので、その実態を把握する事は困難ですが、自傷行為の多くは若い女性に見られます。カミソリやナイフで手首や腕、脚などを傷つけますが、多くの場合、命に危険が及ばない程度に傷つけます。脳内で鎮痛作用のある、モルヒネ様の物質が分泌されるので、しばしば、傷つける時、痛みを感じません。

誤った自己認識は心の葛藤をより深刻にしてしまう

自傷行為を止められない人の大部分は、辛い問題に直面していたり、子供の頃、虐待を受けたりして、心が傷ついています。自分に対して自信を失っていて、自分は正当に扱われていないといった意識が強く、絶望や空虚感に心が打ちのめされそうな状態ですが、往々にして自己と周囲の関係に対する間違った認識が心の葛藤を大きくしてしまいます。

自傷行為が繰り返されると、周りの人に構ってもらいたいが為にわざとしているといった印象を持ってしまうかも知れませんが、本人にとっては自分の怒りや苦悩を表現する手段として、自傷行為しかない場合があり、やがて、怒りの矛先が他人に向いてしまったり、希望を失い自殺に至ってしまう可能性があります。

心理療法が手助けに……自傷行為は精神科や神経科に相談を

自分は周りから不当に扱われているといったような思い込みがある場合、心理療法を受ける事によって物事を違う角度から眺める事を学びます。こうして自分は不当に扱われているといった思い込みを矯正することが、自傷行為から抜け出す上で大きな手助けとなるのです。

自傷行為が起きてしまう背景には、人格障害やうつ病、統合失調症など心の病気がある場合も少なくありませんので、もしも自分を傷つけるという衝動をコントロールできない時は、是非、精神科や神経科などで相談しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項