お留守番もふたりだと安心
お留守番もふたりだと安心
仕事で長時間お留守になる家庭でも 、仲良しの猫同士で留守番していると思うと安心できます。なにより、猫同士が仲良くグルーミングし合ったり、抱き合って眠っている姿を見られることは、至福の幸せ。

猫は1頭だけで飼う方がよいのか、それとも複数で飼った方が幸せなのかしら? それは猫の性質や住環境、面倒をみる人間の数、あなたが猫とどんな風に暮らしていきたいかで、まったく違ってきます。

ここでは、猫を多頭飼育にする際に気を付けていただきたい考えてみたいと思います。

多頭飼いできる生活環境?

犬と違い毎日散歩の必要がなく、トイレの掃除を怠らなければ猫自体はほとんどニオイがない動物なので、同居する人間からすると複数頭になっても、それほど手間が増えるわけではありません。しかし、トイレの個数は猫の数プラス1が理想とされていますので、掃除・チェックの回数を増やさなくてはいけません。

猫が3頭いれば食事やトイレなどの消耗品費が3倍になるかというと、そこまで出費がかさむわけでもありません。ドライフードなどは大きな袋で購入した方が割安ですし、缶詰などは1個あけたものを使い切ることができるので、むしろ効率的かも知れません。ただし、動物病院にかかる費用は猫の数だけ必要となりますので覚悟を。

もしマンションなどの集合住宅でしたら、飼育頭数が限られているかもしれませんので契約書を確認してください。家族全員が賛成しているか、それぞれの猫に同じだけの愛情を注げるかなども、よく話し合ってください。そして先住猫(最初から飼っている方の猫)が、新人猫を受け入れてくれるタイプかどうかも考えてみましょう。

これらがクリアできないと思われるのであれば、無理に多頭飼いをしなくてもよいでしょう。これまで以上に同居猫に愛情を注いあげてください。