猫が食べてはいけないものとは?

TOP

猫専用フード以外を与えるときには十分注意しましょう


猫にとって危険な食べ物は非常にたくさんありますが、食べた量や個体差によって現れる症状は様々です。ほんのひと舐めでも重篤になってしまう食べ物もがあるので、ここに掲載したもの以外でも猫が口にする食材には十分注意を払ってください。
   

猫が食べてはいけないもの1:ネギ類(ネギ、タマネギ、ニラなど)

タマネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊し、血尿、下痢、おう吐、発熱、溶血性貧血やハインツ小体性貧血などを起こす可能性があります。犬に比べると猫の方が危険性は少ないとされていますが、急性腎不全などを起こすこともありますので要注意です。ネギ類そのものを食べなくても、スープやハンバーグに入っているものでも危険性は変わりませんので、ネギ類を使った料理が食卓に並ぶときは、猫を遠ざけてください。

ベビーフードや人間用の缶詰の中にもオニオンエキスが含まれていることがあるので、必ず内容物をチェックしてください。
 

猫が食べてはいけないもの:カカオ類(チョコレート、ココアなど)

カカオの香りの成分のひとつ、デオブロミンが中枢神経を刺激する興奮物質となり、血圧上昇、不整脈、心拍上昇、興奮、けいれん、おう吐、下痢などや、食べた量によっては急性心不全を引き起こすこともあります。
 

猫が食べてはいけないもの3:人間用の薬やサプリメント

風邪薬や鎮痛剤に含まれているアセトアミノフェンに強い影響を受け、死亡例も数多く報告されています。どんな薬にしても、人間用に処方されたものを獣医師のアドバイスなしに与えることは止めてください。

サプリメントは猫にとって過剰な栄養になる場合があります。脂溶性ビタミンやカルシウム、鉄分など、体外に排出しにくいサプリメントは特に注意が必要です。猫が誤飲をしたと思われる場合は、動物病院に猫が誤飲した可能性のある薬品を持参し、獣医師に伝えてください。
 

猫が食べてはいけないもの4:ブドウ・レーズン

ブドウやレーズンは、アメリカの調査機関(ASPCA)によると犬と猫に有害性があると報告されていますが、犬の方が危険性が高い食べ物です。猫には今のところあまり被害が報告されていませんが、腎臓に障害を与える可能性があるとのことです。特にブドウの皮が危険とのこと。

その他
アボカドは、葉、種子、樹皮に含まれているペルジンが、おう吐や下痢などや胃腸に障害を与える可能性があります。マカデミアナッツは、猫にはどれほどの影響を及ぼすか、まだ未解明な部分がありますが、ブドウ・レーズンと同様に有害とされています。神経や消化器、筋肉に影響を及ぼし、おう吐、ふるえ、無気力、心拍上昇などの症状が見られます。キシリトールは犬には非常に有害と報告されていますが、猫には今のところ有害かどうか不明な部分が多くあります。犬の場合は血糖値が低下し、おう吐や歩行困難、肝不全を発症する危険性があります。
 

猫が食べてはいけないもの5:香辛料や塩

香辛料は肝臓障害を引き起こすことがありますし、塩分は腎臓疾患を引き起こす可能性があるので与えないでください。
 

猫が食べてはいけないもの6:ニンニク・ガーリックパウダーなど

タマネギと同じアリルプロピルジスルファイドなどが含まれていますが、タマネギほどの量は含まれていません。しかし、多量に接種すると、おう吐、血尿、血圧上昇、心拍上昇などが起こり、ひどくなると溶血性貧血やハインツ小体性貧血を起こします。
 

猫が食べてはいけないもの6:ニンニク・ガーリックパウダーなど

「猫がアワビを食べると耳が落ちる」などといわれるように、アワビなどの内臓に含まれるピロフェオホルバイトなどの光励起物質が猫の体内に吸収されると、光線過敏症の原因になります。猫の耳の毛は薄いので、日光過敏症の症状が出やすく、激しい痒みが起こります。掻きまくることにより耳の組織が壊死して、「耳が落ちる」といわれる溶けたような耳になってしまうのです。
 

猫が食べてはいけないもの8:生の豚肉

生の豚肉にはトキソプラズマという原虫が潜んでいることがあります。トキソプラズマは猫が終宿主なので、豚肉は必ず火を通してから与えてください。トキソプラズマに感染すると、下痢や発育不全、目の障害などが起こりますが、まったく症状が出ない猫もいます。
 

猫が食べてはいけないもの9:鶏や魚の硬い骨

特に鶏の骨は割れたとき鋭く尖った状態になるので、喉や消化器官を傷つける可能性があります。腸で詰まってしまい腸閉塞を起こすこともあるので、鶏の骨や硬い魚(鯛など)の骨は与えないでください。

その他
アルコールは肝臓に大きな負担がかかるので、舐めさせない方が無難です。おう吐や下痢、意識障害、血圧低下、呼吸障害などを起こすこともあります。緑茶、コーヒー、紅茶、コーラなどに入っているカフェインには、テオグロシンという中枢神経を興奮させる物質が含まれているので、心臓や神経系に異常をもたらすことがあります。下痢、おう吐、多尿、テンカンの発作などを起こすことも。生のイースト(パン)は消化管の中で膨張し、ガスを発生させたりします。また、アルコールを形成するのでアルコール中毒になる危険が。
 

猫が食べてはいけないもの10:危険とされている食べ物

生卵の白身
生卵の白身にはビタミンの一種であるビオチンを分解する酵素が含まれていて、たくさん食べると下痢や皮膚炎、結膜炎などを引き起こすかも知れません。加熱すれば問題はありません。

スルメ、生のイカ、タコ、貝類、甲殻類(エビ・カニなど)
スルメは腸の中で膨れあがるので、胃拡張になるおそれがあります。生の貝類、甲殻類を多量に食べると、酵素チアミナーゼ (アノイリナーゼ)がビタミンB1を分解するため、 ビタミンB1(チアミン)欠乏症になる可能性があります。チアノミナーゼはイカだけではなく、生の魚介類にも含まれています。加熱すれば大丈夫ですが、消化が良くない食材なので消化不良やおう吐、下痢を起こしやすいので、大量に食べさせない方がよいでしょう。

猫はイカを食べると腰を抜かす? NG食材まとめ

青身の魚(サバ、アジ、イワシなど)
多量に食べると、青身の魚に含まれる不飽和脂肪酸により体内の脂肪が酸化して 「黄色脂肪症(イエローファット)」になります。皮膚の下にしこりができて、痛いので触られるのを嫌がるようになります。不飽和脂肪酸は身体にとって必要な栄養素ですが、長期にわたって青身魚ばかりを食べ続けると起きやすくなるので、食生活のバランスを考えて与えてください。

レバー
食べ過ぎるとビタミンAやDの過剰になり、筋肉や脊髄の変形を伴うビタミンA中毒を引き起こすことがあります。食欲不振、関節炎を引き起こすことがあります。

牛乳などの乳製品
多くの猫は、乳糖(ラクトース)を消化するためのラクターゼという酵素を持っていませんので、牛乳を飲むと下痢を引き起こすことがあります。牛乳を飲んでも平気な猫もいますが、猫には猫用ミルクを与える方が無難です。

その他
人間用に加工されたピーナッツ、煮干し、海苔、カツオブシなどマグネシウムが多い食品は、下痢やFLUTD(猫下部尿路疾患/尿路結石など)、腎臓病、糖尿病の原因となりやすいので与えないでください。ほうれん草、ゴボウなどシュウ酸が多い食品も、FLUTD(猫下部尿路疾患=尿路結石など)の原因となりやすいので与えないようにしてください。
 

そのほか、猫に適さない食べ物

ドッグフード
犬用のフードでは猫の栄養素を満たすことができません。ドッグフードだけを食べ続けると栄養障害、特にタウリン不足を起こしますので、猫にはキャットフードを与えてください。

人間用の魚の缶詰
猫に必要な栄養素を満たしておらず、味がついていたり、油漬けになっているものもあるので、猫には適しません。

腐っているもの、カビが生えているもの
下痢や嘔吐の原因となりますので、ご注意を。生ゴミを捨てるゴミ箱は必ず蓋付きのものにし、猫がいたずらできないようにしてください。

糖分の高いもの(ケーキ、和菓子など)
肥満や糖尿病を引き起こす可能性がありますので、与えないでください。

食べ物以外でも、猫が口にすると危険なものが室内にはたくさんあります。ボタン電池やタバコ、ビニール袋、化粧品や洗剤、灯油などを舐めてしまうと大事になりますのでご注意ください。猫を健康で長生きさせるためには、猫には猫専用のフードを与え、人間が食べているものは猫がどんなにおねだりしてきても与えないようにしましょう。

【関連リンク】
ASPCA (米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)

【関連記事】



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。