安全のためにも猫専用フード以外与えないようにしましょう
安全のためにも猫専用フード以外与えないようにしましょう
猫にとって危険な食べ物は非常にたくさんありますが、食べた量や個体差によって現れる症状は様々です。ほんのひと舐めでも重篤になってしまう食べ物もがあるので、ここに掲載したもの以外でも猫が口にする食材には十分注意を払ってください。

特に危険とされている食べ物

ネギ類(ネギ、タマネギ、ニラなど)
タマネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊し、血尿、下痢、おう吐、発熱、溶血性貧血やハインツ小体性貧血などを起こす可能性があります。犬に比べると猫の方が危険性は少ないとされていますが、急性腎不全などを起こすこともありますので要注意です。ネギ類そのものを食べなくても、スープやハンバーグに入っているものでも危険性は変わりませんので、ネギ類を使った料理が食卓に並ぶときは、猫を遠ざけてください。

ベビーフードや人間用の缶詰の中にもオニオンエキスが含まれていることがあるので、必ず内容物をチェックしてください。

カカオ類(チョコレート、ココアなど)
カカオの香りの成分のひとつ、デオブロミンが中枢神経を刺激する興奮物質となり、血圧上昇、不整脈、心拍上昇、興奮、けいれん、おう吐、下痢などや、食べた量によっては急性心不全を引き起こすこともあります。

人間用の薬やサプリメント
風邪薬や鎮痛剤に含まれているアセトアミノフェンに強い影響を受け、死亡例も数多く報告されています。どんな薬にしても、人間用に処方されたものを獣医師のアドバイスなしに与えることは止めてください。

サプリメントは猫にとって過剰な栄養になる場合があります。脂溶性ビタミンやカルシウム、鉄分など、体外に排出しにくいサプリメントは特に注意が必要です。猫が誤飲をしたと思われる場合は、動物病院に猫が誤飲した可能性のある薬品を持参し、獣医師に伝えてください。

ブドウ・レーズン
ブドウやレーズンは、アメリカの調査機関(ASPCA)によると犬と猫に有害性があると報告されていますが、犬の方が危険性が高い食べ物です。猫には今のところあまり被害が報告されていませんが、腎臓に障害を与える可能性があるとのことです。特にブドウの皮が危険とのこと。

その他
アボカドは、葉、種子、樹皮に含まれているペルジンが、おう吐や下痢などや胃腸に障害を与える可能性があります。マカデミアナッツは、猫にはどれほどの影響を及ぼすか、まだ未解明な部分がありますが、ブドウ・レーズンと同様に有害とされています。神経や消化器、筋肉に影響を及ぼし、おう吐、ふるえ、無気力、心拍上昇などの症状が見られます。キシリトールは犬には非常に有害と報告されていますが、猫には今のところ有害かどうか不明な部分が多くあります。犬の場合は血糖値が低下し、おう吐や歩行困難、肝不全を発症する危険性があります。