水遊びが好きな猫さん、多いです
水遊びが好きな猫さん、多いです
家の中で生活する猫は、外の子に比べると格段に安全ですが、それでも時々信じられないような事故の話を耳します。
今回の記事は、『驚愕!ホントにあった家の中の事故』特集です。

好奇心旺盛が、健康な猫の証拠ともいえますが、時に人の想像を超える痛ましい事故が起こる場合があります。この記事の事例を参考に、事故を防いで頂ければ、と思います。

1.家の中での水の事故

家の中での水の事故は、猫に限らず、人間の子供でも聞くことがありますが…。

●水の事故・ケース1
・生後2歳
・メス

その子は同居人が何をする時も後をついてくるストーカーさん。
その日も、洗濯をしている同居人の横に張り付いて、グルグル回る洗濯物を興味深そうにみていました。

もうちょっと洗濯物が入るな、と思った同居人は、別の洗濯物を取りにその場を離れました。

洗濯物を手に洗濯機の前に戻ってくると、グルグル回っている洗濯機の中で猫がもがいていました!
慌てて助け出して、そのままシャンプー。

もしこれが小さな子猫だったら、洗濯物の渦に巻き込まれ、同居人は猫が洗濯機に落ちたことに気づかなかったかも知れません。

大人猫でも、好奇心が命取りになって、信じられない行動を取ることがあります。
ほんのわずかな時間、と思っても、その場を離れるときは、必ず洗濯機のふたを閉めて行きましょう。

●水の事故・ケース2
・生後4~5ヶ月
・オス

同居人がお風呂に入ると「入れて~~」と後をついてきて、いつも入浴中の同居人をお風呂のふたの上で眺めるのが好きな子でした。

ある日、お風呂に水を張ろうと水道を細めに出して、台所で用事をしていました。
お風呂場の扉はきちんと閉めたつもりでしたが、子猫はほんの少し隙間を開ける方法を覚えていました。

お水が一杯になったかな?とお風呂場にいった同居人は、そこで子猫の水死体を発見します。

チョロチョロでていた水に興味を引かれたのか、いつものようにふたの上に登り遊んでいて足を滑らせたのか。。。
子猫が必死で登ろうとした後がありましたが、そのお宅のお風呂はポリ浴槽で、爪を引っかけることができなかったのです。

お風呂場や洗面所など、水回りに興味津々の猫さん、たくさんいます。
防ぐことができる事故なので、洗面所・お風呂場へは「猫出入り禁止」、または水を張ったままにしておかない、という習慣をつけてください。