猫が健康か、毎日気を配りましょう
猫が健康か、毎日気を配りましょう
猫の様子がいつもと違う。なんだか具合が悪そうだけど……と感じても、さてすぐに動物病院に連れて行った方が良いかしら?半日~1日程度様子を見てからでも大丈夫かしら?と悩まれる方もいらっしゃるでしょう。ここではその時々の猫の状態から、こんな症状がみられたらすぐに病院へ、またはもう少し様子をみても大丈夫かなどの目安をご紹介します。

ただし、子猫や老猫、他に持病を持っている猫は様子がおかしいと感じた時点で病院に電話をして、獣医師の判断を仰いでください。

こんな場合は、至急病院へ!

下記のような症状・トラブルが発生したときは、至急病院に連絡を取って連れて行ってください。
  • 呼吸が苦しそう
    横になって寝ようとせず、箱座りのように座って呼吸が乱れているときは心臓や肺の病気の可能性があります。猫は横たわると苦しくて呼吸ができなくなるので、箱座りのままキャリーに入れて病院へ。
     
  • 意識を失う
    名前を呼んでも反応がなく昏睡になってしまったら、心臓や内出血などの可能性があります。しばらくして意識を回復しても、なにか病気が隠れて進行している可能性もあるのですぐに病院に行ってください。
     
  • けいれん
    手足をブルブル震わせたり、口をぱくぱく開けたり、顔面がピクピクしたりして、意識を失ったときは脳や神経、心臓、毒物の中毒などの恐れがあります。バスタオルなどで優しくくるんで、すぐに病院へ。
     
  • オシッコ・ウンチがでない・血尿が出る
    何度もトイレに入っていきむがオシッコがほとんど出ない、血が混じっている時は、泌尿器系の病気の可能性があり、下手をすると膀胱破裂を起こしますので早急に病院へ。
     
  • 激しい咳
    特に何度も咳き込んで呼吸が苦しそうだったり、空咳をするときはすぐに病院へ。咳とおう吐を混同しないように。
     
  • 鼻・口・耳・肛門などからの出血
    出血の量がスプーン1杯以上であれば、すぐに病院へ。
     
  • 多量の出血
    体のどこからの出血でも、タオルなどで圧迫してすぐに病院へ。
     
  • やけど
    濡らしたタオルなどでくるんですぐに病院へ。
     
  • 何度も何度も嘔吐を繰り返す
    吐いたものをビニール袋などに取ってそれを持って病院へ。
     
  • 痛がって暴れ回る
    激しく痛がりその痛みが引かない時は、飼い主がケガをしないように毛布などですっぽりくるみ、すぐに病院へ。
     
  • 絶え間なく痒がり身体を掻きむしる
    猫が傷つかないように頭だけを出して体をタオルでくるんですぐに病院へ。
     
  • 脚を痛がる(地面に付けることができない)
    骨折や動脈瘤などの可能性があるので、毛布ですっぽりくるんで病院へ。
     
  • 薬物・異物を飲んだ疑い
    いつ何をどの程度舐めたか、食べたかがわかれば、それを持って病院へ。わからなければ可能性のあるもの、空き箱だけでも持っていく。
     
  • 体温が下がる
    ぐったりして明らかに体温が低くなっていると感じたら、全身を温めながらすぐに病院へ。