「目は口ほどにものをいう」という言葉の通り、猫の瞳もその時々の様々な猫の感情を表します。猫の瞳は、光の量で細くなったり丸くなったりすることが知られていますが、それだけでなく猫の感情・気分によっても表情が変わります。変化が激しいことを猫の目に例えて「猫の目のよう」ということわざもあるくらいです。

今回は猫の生理的な目の動きだけでなく、猫の気持ちで変化する目のBEST 5をお届けします。

BEST 1 満足しているとき
 

微睡みの微笑みは、見る人の心も溶かします

まどろみの微笑みは、見る人の心も溶かします

猫が大好きな人のそばでくつろいでいるときは、満足げに目を細め、微笑むような表情を見せてくれます。猫の顔には筋肉が少ないので猫は表情に乏しい、などという人もいますが、猫が心底から満足しているときみせる表情は、誰にでもみせてくれるものではありません。どんなにいたずらをしても、わがままを言ってもこの顔が見られるのだったら何でもいうことを聞いてあげるわ、というメロメロになってしまう同居人も多いのでは?

もしかしたら、人は自分の感情を猫に投影させて、そこに見えるものを猫の感情と混同しているのかもしれません。たとえそれが同居人の大きな勘違いであったとしても、猫はその表情でわたしたちの気持ちを癒してくれます。言葉では伝えられない「愛おしい」という感情は、人から猫だけでなく猫からも受け取ることができます。

BEST 2 眠くなったとき

眠くなると目頭の瞬膜が出てきます

眠くなると目頭の瞬膜が出てきます

眠くなると猫の瞳は少し潤んで、たれ目に見えます。眠気が増すと瞬膜が目を覆いますが、それを知らずに見た人は白目をむいていると驚くかもしれません。
瞬膜は、猫の目頭のまぶたの内側にある薄い膜で、第三のまぶたともいわれ、眼球を傷つけないようにガードする役目もします。まどろんでいるとき、眠っているとき、リラックスしているときに出る瞬膜は問題ありませんが、風邪を引いたり体調を崩したときは瞬膜が出たままになることがあります。起きて活動しているときにも瞬膜が戻らなかったら、何かしらの体調不良のサインかもしれませんので、獣医師に診せてください。

BEST 3 興味を惹くものをみつけたとき

興味を惹くものをみつけた猫は、爪を立てて飛びかかる準備をします

興味を惹くものをみつけた猫は、爪を立てて飛びかかる準備をします

なにか興味を惹かれるものをみつけると、猫は音のする方に神経を集中し、身体を低くします。猫の目の水晶体は非常に大きいですが、ピントを合わせるために水晶体を動かす筋肉はかなり貧弱で、近くのものにピントを合わせるのが苦手です。興味を惹くものが動けば、脳の中に動きに反応する特定の神経細胞を持っている猫は、周りの風景をぼかして、その獲物のみにピントを合わせることができます。
興味を惹くものが動くまで、猫の目はふくらんだり細くなったりして一生懸命ピントを合わせようと見つめ、音が出る方向に頭を動かして探します。

BEST 4 不安や恐怖を覚えたとき
 

恐怖のあまり、左右の目の形が違ってしまうことがあります

恐怖のあまり、左右の目の形が違ってしまうことがあります

不安や恐怖、警戒心が強くなると左右の目の大きさが変わったり、上まぶたが下がって半開きになることがあります。初めての場所や知らない人や猫と対面したとき、緊張のあまり起きてしまうようです。すべての猫がこのような目になることはありませんが、一度緊張した時にこの目になると、何度も繰り返します。このような目になる猫は、もしかしたら幼い頃に風邪を引いて目を痛めたことがあるのかも知れません。

BEST 5 怒り・威嚇・興奮状態のとき
 

黒目がちになると可愛い表情と思いますが、この場合は相当怒っています

黒目がちになると可愛い表情と思いますが、この場合は相当怒っています

明るいところでは猫の瞳孔は縮まり、針のように細くなります。そして水平に閉じるまぶたで光の入ってくる量を調節します。暗いところでは光に反応し大きく広がり、瞳孔の面積を広げることで、より光を取り入れることができるので、星明かり程度の明るさでも見ることができます。
しかし光に関係なく、怒りやひどい恐怖で興奮状態になったり、相手を威嚇するときはアドレナリンが放出されて、明るいところでも瞳孔が開き黒目が大きくなります。明るい場所で猫が瞳をまん丸にしていたら、何かで興奮状態になっているときなので、近寄らず刺激しない方が無難です。

猫の目は、猫の顔の面積の割合からみると非常に大きく、少し突出しています。この目の形と小さめの鼻のおかげで、猫の視野は広く155~208.5度あり、左右の視野が重なる両眼視野は90~130度で、「もの」を立体的に見たり距離感をつかむ能力を使い獲物を狩ることに長けています。

大きな目にはホコリやゴミが入りやすく、目の粘膜が直接外に出ているので細菌やウイルスに感染しやすいので、猫は目のトラブルを起こしやすいです。猫に多い目の病気は、結膜炎や角膜炎、涙器の異常などがあります。もし猫の目にトラブルが見られたら、人間の目薬などは使わず早急に獣医師に診せてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。